塩化バリウム(読み)えんかバリウム(英語表記)barium chloride

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩化バリウム
えんかバリウム
barium chloride

化学式 BaCl2 。苦みがかった塩味のある無色の物質。無水塩,2水塩の比重はそれぞれ 3.89,3.10。有毒。水に易溶,メチルアルコール可溶エチルアルコールアセトン不溶レーキ顔料媒染剤殺虫剤などに使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えんかバリウム【塩化バリウム barium chloride】

化学式BaCl2。重晶石BaSO4の粉末,木炭,塩化カルシウムの混合物を赤熱してから熱湯で抽出し,不純物を除いたのち結晶を析出させると得られる。 BaSO4+4C+CaCl2  ―→BaCl2+CaS+4CO炭酸バリウムと塩酸の反応でも得られる。飽和水溶液から常温で析出するのは2水和物BaCl2・2H2Oで,これは平たい四角形の無色結晶である。125℃で無水和物BaCl2となり,中間の温度(60℃)では1水和物BaCl2・H2Oが生ずる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えんかバリウム【塩化バリウム】

重晶石の粉末・木炭・塩化カルシウムの混合物を赤熱して得る無色の結晶。化学式 BaCl2 炭酸バリウムを塩酸に溶かした水溶液からは二水和物が得られる。有毒。分析用試薬・レーキ顔料・殺虫剤の製造に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩化バリウム
えんかばりうむ
barium chloride

バリウムと塩素の化合物。以前は重晶石(硫酸バリウム)を塩化カルシウムと溶融して製造していたが、現在では硫化バリウム溶液と塩酸との反応によっている。飽和溶液から常温で無色の扁平(へんぺい)な結晶、または粉末状の二水和物が析出する。二水和物はわずかに吸湿性をもつ。これは121℃で無水和物に変わる。無水和物は常温では単斜晶系の結晶であるが、転移点925℃で等軸晶系に変わる。水に溶けやすいが、エタノール(エチルアルコール)やアセトンには溶けない。レーキ顔料、バリウム塩の原料、ボイラー用水の軟化剤などのほか、分析試薬としても用いられる。[鳥居泰男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

えんか‐バリウム エンクヮ‥【塩化バリウム】

〘名〙 (バリウムはbarium) 塩素とバリウムとの化合物。化学式は BaCl2 無色の結晶で有毒。バリウム塩の製造、レーキ顔料、媒染剤、殺鼠(さっそ)剤、殺虫剤、分析用試薬などに用いられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

塩化バリウム
エンカバリウム
barium chloride

BaCl2(208.24).炭酸バリウムを塩酸に溶かして濃縮すると二水和物が得られる.二水和物を加熱すると一水和物を経て113 ℃ で無水物となる.無水物は低温で単斜晶系.密度3.89 g cm-3.925 ℃ で等軸晶系に転移する.融点963 ℃,沸点1560 ℃.水によく溶けるが潮解性はない.二水和物は無色の偏平な四角形の単斜晶系結晶.密度3.097 g cm-3.水に易溶,エタノールに難溶,アセトンに不溶.レーキ顔料,金属の熱処理剤,バリウム塩の製造,殺そ剤,殺虫剤,皮なめしなどに用いられる.分析試薬として硫酸イオンの定性および定量に重要である.有毒.[CAS 10361-37-2:BaCl2][CAS 10326-27-9:BaCl2・2H2O]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android