コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩化バリウム えんかバリウムbarium chloride

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩化バリウム
えんかバリウム
barium chloride

化学式 BaCl2 。苦みがかった塩味のある無色の物質。無水塩,2水塩の比重はそれぞれ 3.89,3.10。有毒。水に易溶,メチルアルコール可溶エチルアルコールアセトン不溶レーキ顔料媒染剤殺虫剤などに使われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えんか‐バリウム〔エンクワ‐〕【塩化バリウム】

重晶石・木炭塩化カルシウム混合物を赤熱して作る、白色の結晶。水によく溶ける。媒染剤・皮なめし・分析用試薬に使用。化学式BaCl2

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えんかバリウム【塩化バリウム barium chloride】

化学式BaCl2。重晶石BaSO4の粉末,木炭,塩化カルシウムの混合物を赤熱してから熱湯で抽出し,不純物を除いたのち結晶を析出させると得られる。 BaSO4+4C+CaCl2  ―→BaCl2+CaS+4CO炭酸バリウムと塩酸の反応でも得られる。飽和水溶液から常温で析出するのは2水和物BaCl2・2H2Oで,これは平たい四角形の無色結晶である。125℃で無水和物BaCl2となり,中間の温度(60℃)では1水和物BaCl2・H2Oが生ずる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

えんかバリウム【塩化バリウム】

重晶石の粉末・木炭・塩化カルシウムの混合物を赤熱して得る無色の結晶。化学式 BaCl2 炭酸バリウムを塩酸に溶かした水溶液からは二水和物が得られる。有毒。分析用試薬・レーキ顔料・殺虫剤の製造に用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩化バリウム
えんかばりうむ
barium chloride

バリウムと塩素の化合物。以前は重晶石(硫酸バリウム)を塩化カルシウムと溶融して製造していたが、現在では硫化バリウム溶液と塩酸との反応によっている。飽和溶液から常温で無色の扁平(へんぺい)な結晶、または粉末状の二水和物が析出する。二水和物はわずかに吸湿性をもつ。これは121℃で無水和物に変わる。無水和物は常温では単斜晶系の結晶であるが、転移点925℃で等軸晶系に変わる。水に溶けやすいが、エタノール(エチルアルコール)やアセトンには溶けない。レーキ顔料、バリウム塩の原料、ボイラー用水の軟化剤などのほか、分析試薬としても用いられる。[鳥居泰男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

塩化バリウムの関連キーワードベリマン(Torbern Olaf Bergman)塩化バリウム(データノート)水酸化バリウム炭酸バリウム硝酸バリウム化学分析有機顔料ヨウ素酸レーキ不純物水溶液共沈

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android