酸化バリウム(読み)さんかばりうむ(英語表記)barium oxide

日本大百科全書(ニッポニカ)「酸化バリウム」の解説

酸化バリウム
さんかばりうむ
barium oxide

バリウムと酸素の化合物。重土バライタともいう。水酸化物や硝酸塩の熱分解によって得られるが、解離圧が低いので、工業的には炭酸塩に炭素を加え、電気炉で1200℃以上に加熱している。

  BaCO3+C―→BaO+2CO
 白色の固体で六方晶系のものも存在する。酸化カルシウムに似た性質を示すが、化学的にはより活発で、多量の熱を発して水や炭酸ガスと反応し、水酸化バリウム炭酸バリウムとなる。硝酸、塩酸などのほか無水アルコールにも溶ける。空気中で約550℃に熱すると過酸化バリウムとなる。

  2BaO+O2―→2BaO2
 水酸化バリウムの製造原料となるほか、脱水剤としても使用される。

[鳥居泰男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版「酸化バリウム」の解説

酸化バリウム
サンカバリウム
barium oxide

BaO(153.33).バリウムの硝酸塩,炭酸塩,過酸化物,水酸化物を強熱して得られる.白色の粉末.密度5.72 g cm-3.融点1923 ℃,沸点約2000 ℃.水に溶かすとはげしく反応して水酸化バリウムを生じる.酸と反応してバリウム塩を生じる.空気中に放置すると二酸化炭素を吸収して炭酸バリウムとなる.酸素と熱すれば過酸化バリウムとなる.脱水剤,乾燥剤,有機合成用触媒,炭酸ガス吸収剤,潤滑油添加剤,バリウム塩の製造,真空管やブラウン管の陰極材,ガラス工業などに用いられる.有毒.[CAS 1304-28-5]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「酸化バリウム」の解説

酸化バリウム
さんかバリウム
barium oxide

化学式 BaO 。無色粉末。融点 1923℃,比重 5.98。強アルカリ性,吸湿性で,空気にさらすと空気中の二酸化炭素を吸収する。有毒。水に溶けて水酸化バリウム Ba(OH)2 を生じる。この水溶液をバリタ水という。 450℃で酸素と化合し,過酸化バリウム BaO2 を生じる。ガス,溶媒 (特にアルコール,アルデヒド,石油) の乾燥用に使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「酸化バリウム」の解説

酸化バリウム【さんかバリウム】

化学式はBaO。比重5.72,融点1923℃,沸点約2000℃。バライタ,重土とも。酸化カルシウムに似た無色粉末。水に溶けて多量の熱を発生。空気中で強熱すると過酸化バリウムBaO2となる。水酸化バリウム等の製造原料,乾燥剤・脱水剤に利用。工業的には炭酸バリウムを炭素と電気炉中で熱してつくる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「酸化バリウム」の解説

さんか‐バリウム サンクヮ‥【酸化バリウム】

〘名〙 (バリウムはbarium) バリウムの酸化物。化学式 BaO 等軸晶系白色粉末。脱水剤、バリウム塩原料、ガラス工業などに用いられる。重土。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「酸化バリウム」の解説

さんかバリウム【酸化バリウム barium oxide】

化学式BaO。バライタ(バリタ)baryta,重土ともいう。白色の粉末。硝酸バリウムを熱すると純度の高いものが得られるが,工業的には炭酸バリウムを炭素とともに強熱して製造される。 BaCO3+C―→BaO+2CO炭酸バリウムだけを熱分解しても生ずるが,分解温度(約1500℃)が非常に高く,また過酸化物BaO2が生じやすいので,炭素で還元的に分解したほうがよい。融点1923℃,沸点約2000℃,比重5.98。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android