コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チタン酸バリウム チタンさんバリウム barium titanate

6件 の用語解説(チタン酸バリウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チタン酸バリウム
チタンさんバリウム
barium titanate

酸化チタン酸化バリウムから成る化合物で数種類ある。普通は1:1の化合物,酸化チタン (IV) バリウム BaTiO3 をさす。高純度物質はチタニルシュウ酸バリウムを灼熱して製造する。温度により5つの晶系を転移する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

チタンさん‐バリウム【チタン酸バリウム】

二酸化チタンを炭酸バリウムとともに融解すると得られる白色の結晶。強誘電体の一。圧電効果を示し、音響機器のピックアップ磁器コンデンサーなどに使用。化学式BaTiO3 メタチタン酸バリウム。略して「チタバリ」ともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チタン酸バリウム【チタンさんバリウム】

オルトチタン酸バリウムBa2TiO4とメタチタン酸バリウムBaTiO3があり,後者がよく知られている。無色の結晶性粉末。温度により各種の結晶系をとるが,常温では正方晶系。
→関連項目圧電気強誘電体セラミックスニューセラミックス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

チタンさんバリウム【チタン酸バリウム barium titanate】

酸化チタン(IV)バリウムともいう。化学式はBa2TiO4またはBaTiO3。前者の式のものをオルトチタン酸バリウム,後者をメタチタン酸バリウムと呼ぶが,実際はBa2+,Ti4+およびO2-から成るイオン結晶(複酸化物)で,TiO44-,TiO32-のような独立の陰イオンは存在しない。後者のほうがよく知られているので,以下これについて述べる。炭酸バリウムと二酸化チタンの固相反応,またはオキサラトチタン酸バリウムBaTiO(C2O4)2・4H2Oのような錯体の熱分解によって無色の微結晶として得られ,単結晶として成長させることもできる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

チタンさんバリウム【チタン酸バリウム】

二酸化チタンを炭酸バリウムとともに融解して得られる白色結晶。化学式 BaTiO3 誘電率が大きく、圧電効果を示すので、磁器コンデンサーやマイクロホン・ピックアップなどの音響機器に用いられる。メタチタン酸バリウム。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チタン酸バリウム
ちたんさんばりうむ
barium titanate

チタン酸(酸化チタン()水和物TiO2nH2Oを一般にこのようによぶ)のバリウム塩。チタン()酸バリウムともいう。二つの異性体が知られている。
(1)オルトチタン酸バリウム 化学式Ba2TiO4、式量386.62。炭酸バリウムと酸化チタン()をモル比2対1で混ぜ、約1270℃に加熱して得られる暗赤色粉末。正四面体形のチタン酸イオンとバリウムイオンからなるイオン結晶である。
(2)メタチタン酸バリウム 化学式BaTiO3、式量233.26。正式名称は三酸化バリウムチタン。混合比を変えた高温固相反応あるいはシュウ酸バリウムチタニル四水和物(シュウ酸バリウムオキシドチタン()四水和物)Ba(TiO)(C2O4)24H2Oの熱分解で得られる無色結晶で、普通、チタン酸バリウムといえばこれをさす。低温から高温にかけて下記のように相転移する。

 室温付近では正方晶系、120℃で立方晶系となり、それらは灰チタン石(ペロブスカイト)型構造をとるが、正方晶系相が強誘電体となる。各晶系ともTiO6正八面体の面共有構造をとり、チタン酸イオンは存在せず、複酸化物となる。誘電率が大きく圧電性があり、磁器コンデンサー、圧電素子などに用いられる。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のチタン酸バリウムの言及

【セラミック半導体】より

…いずれも酸素分圧が変化するとδが変化し,ひいては導電率も変化する。微量成分を含むものの代表例にはチタン酸バリウムBaTiO3(微量の酸化ランタン(III)La2O3)がある。半導性を示すBaTiO3は,低温では低抵抗,BaTiO3の相転移温度以上では高抵抗であるので,抵抗加熱素子として,布団乾燥機,ヘアドライヤーなどに使われている。…

【チタン酸バリウム磁器】より

…チタン酸バリウムBaTiO3(メタチタン酸バリウム)を主成分とする磁器で,主としてコンデンサー材料あるいは圧電材料として用いられる。チタン酸バリウムはペロブスカイト(灰チタン石CaTiO3)型構造をとり,1460℃以上で六方晶,1460~120℃で立方晶,120~0℃で正方晶,0~-80℃で斜方晶,-80℃以下で菱面体晶となる。…

※「チタン酸バリウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チタン酸バリウムの関連キーワード酸化チタン酸化バリウムチタン工業二酸化チタンチタンコンデンサー炭化チタン塩化チタン硫酸チタン酸化チタン(IV)酸化チタンバリウム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone