コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柵戸 さくこ

大辞林 第三版の解説

さくこ【柵戸】

奈良時代、辺境の開拓・経営と防備のために移住させられた戸。きのへ。きべ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の柵戸の言及

【木戸】より

…現代では,戸外にある木製の簡単な構造の戸をさすが,古代・中世には柵戸,ないし城戸と書かれ,柵や城郭の出入口を意味した。ついで近世では,城下町の郭内への出入口などの軍事的要素の強い門のこともいうが,主として江戸・大坂などの大都市の表通りの町境の要所に設けられた門のことを意味するようになる。…

※「柵戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

柵戸の関連キーワード奈良時代(年表)柵戸(さっこ)柵戸(きのへ)奈良時代出羽柵雄勝柵磐舟柵渟足柵胆沢城伊治城蝦夷城柵辺境防備開拓木戸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柵戸の関連情報