コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柵戸 さくこ

1件 の用語解説(柵戸の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

さくこ【柵戸】

奈良時代、辺境の開拓・経営と防備のために移住させられた戸。きのへ。きべ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の柵戸の言及

【木戸】より

…現代では,戸外にある木製の簡単な構造の戸をさすが,古代・中世には柵戸,ないし城戸と書かれ,柵や城郭の出入口を意味した。ついで近世では,城下町の郭内への出入口などの軍事的要素の強い門のこともいうが,主として江戸・大坂などの大都市の表通りの町境の要所に設けられた門のことを意味するようになる。…

※「柵戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柵戸の関連情報