コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会心理 しゃかいしんりsocial psychology

3件 の用語解説(社会心理の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会心理
しゃかいしんり
social psychology

社会意識のうちで,自然発生的に生れ,体系的ではない,日常的な感情,気分,幻想,考えなどをいう。この用語は G.V.プレハーノフによって使用され,社会心理上部構造の独立的な一カテゴリーと考えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゃかいしんり【社会心理】

個々人の心理とは別に,社会集団が独自の心理をもつという考え方は,群集心理に関してのル・ボンの考察などを典型として,いくつかの興味深い考察を生気づけてきた。今日の社会心理学の主流においては,個々人の心理以外に,社会集団が独自の心理をもつわけではない,という考え方が支配的であるので,社会心理ということばは,ほとんど使われなくなっている。けれども,社会集団を形成しているときの人間たちの心理が,個人でいるときの心理とは異なった特質をおびるということは明らかである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゃかいしんり【社会心理】

社会的影響のもとにある個人の心理。
一定の社会・集団・階層に属する成員に共通してみられる心理状態。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

社会心理の関連情報