社会改良主義(読み)シャカイカイリョウシュギ

デジタル大辞泉の解説

しゃかい‐かいりょうしゅぎ〔シヤクワイカイリヤウシユギ〕【社会改良主義】

資本主義制度を維持しつつ、その欠陥を改良し、問題点を解決していこうとする立場または主張。→改良主義

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

社会改良主義【しゃかいかいりょうしゅぎ】

資本主義社会の矛盾の解決を穏健な手段を用いて行おうとする広義の社会主義思想。過激な変革や暴力的な革命を否定し,主として議会における社会政策の立法を通して部分的・漸進的に社会を改良しようとする。→社会民主主義修正主義
→関連項目社会主義

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しゃかいかいりょうしゅぎ【社会改良主義】

資本主義体制を前提として、その部分的改良によって矛盾・問題を解決しようとする立場。改良主義。漸進主義。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃかい‐かいりょうしゅぎ シャクヮイカイリャウシュギ【社会改良主義】

〘名〙 資本主義社会の不合理・弊害を漸進的に改良することによって、その体制を維持しようとする立場。また、その思想。修正資本主義、社会民主主義など。改良主義。漸進主義
※吾人の希望(1903)〈大井憲太郎〉「吾人は夙に社会改良主義を抱持し、曾て自由民権説を唱道したり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の社会改良主義の言及

【社会改良】より

…マルクス主義の場合とは異なって,資本主義社会の社会問題を部分的な修正と漸進的な方法を積み重ねることによって解決することができるし,またそうすることが望ましいと考える広義の社会主義思想およびその運動を意味する。こうした社会改良の思想と運動は,19世紀後半から20世紀初頭にかけて大きな勢いをえた。代表的なものに,たとえばイギリスのフェビアン主義やE.ベルンシュタインらの社会修正主義などがある。その後の社会改良(主義)の展開は,一方では資本主義諸国における社会民主主義の浸透や社民党政権の樹立によって,他方ではニューディールケインズ政策,さらに福祉国家の登場といった要因によって促進されることになった。…

※「社会改良主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android