社会的距離(読み)しゃかいてききょり(英語表記)social distance

  • しゃかいてききょり シャクヮイ‥
  • しゃかいてききょり〔シヤクワイテキ〕

大辞林 第三版の解説

個人と個人、個人と集団、集団と集団の間における親疎の程度。これが小さいほど親近感が強く、好意的な態度となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知恵蔵miniの解説

感染性の病原体拡散や、人への感染拡大を防止したり、感染ペースを落とすために人と人の間の物理的な距離を保つ公衆衛生戦略のこと。単純に人との距離を空けるということだけでなく、人が集まりそうなイベントの中止、社交イベントの中止なども含まれることから、英語では「Social distancing」という用語が使用されている。近年ではインターネット普及により物理的に人が集まらなくても交流が可能になったことから、WHO(世界保健機関)などでは同戦略を「Phyiscal distancing」と表記するように変化してきている。

(2020-4-14)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカの社会学者パークが提唱した概念。空間上の二つの地点の関係を表す距離という長さの物差しの考え方を借りて、個人と個人との間や集団と集団との間にみられる親近感とか敵対感といった感情のレベルでの親近性の程度を表すための物差しである。遠くに住んでいる親友は、満員電車の中で肩をぶつけ合っている見知らぬ通勤客よりも、空間的には遠い存在であるが、気持ちのうえでははるかに近い存在である。このように、自分が他人に対して抱く親密度や自分の家族と他の家族との間にみられる親密度が社会的距離であり、親密度が高ければ社会的距離は小さく、親密度が低ければ社会的距離は大きい。社会的距離は、水平的な人間関係についてだけでなく、上役と部下といった上下関係や、身分や職業の違いといった社会的地位の異なる垂直的人間関係についても用いられている。また、集団のまとまりの強さを表す場合にも使われる。
 社会的距離を測るためにくふうされたのが社会的距離尺度social distance scaleである。この尺度としては、アメリカ人の異民族に対する社会的距離を測るために、「そのメンバーの一人と結婚する」「親友の一人になる」「隣人として迎える」「いっしょに働きたい」「排斥する」など七つの態度項目を用いてつくった、アメリカの社会学者ボガーダスの人種に関する社会的距離尺度が有名である。[本間康平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (social distance の訳語) 個々の人間と人間、あるいは集団と集団との間にみられる親近性または共感の程度。アメリカの社会学者スパークの用語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

社会的距離の関連情報