神業(読み)カミワザ

デジタル大辞泉「神業」の解説

かみ‐わざ【神業/神事】

のしわざ。また、そのような超人間的な技術や行為。神技しんぎ。「あの料理人の包丁さばきはまさに—だ」
神に関する行事。神事しんじ。かむわざ。かんわざ。
「—などの繁き頃ほひ」〈柏木
[類語](1プロ専門家スペシャリスト玄人くろうと本職エキスパートゼネラリストセミプロプロフェッショナルたくみ名人達人達者名手巨星巨匠名匠名工大家たいか権威腕利き腕達者第一人者仕事師遣り手敏腕素人しろうと離れ玄人くろうとはだしベテランオーソリティーソムリエスキルドワーカーマイスタープロパー

かん‐わざ【神業/神事】

かみわざ(神業)2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android