仕事師(読み)しごとし

精選版 日本国語大辞典「仕事師」の解説

しごと‐し【仕事師】

〘名〙
① 土工または土建工事に従事する人。江戸時代から、多く組をつくって火消しを兼ねた。(とび)の者。仕事衆。
※談義本・教訓雑長持(1752)一「仕事師(シゴトシ)古着
※人情本・吾嬬春雨(1832)後「に連れたる抱への鳶者(シゴトシ)
② 事業を計画、経営することの巧みな人。やりて。
※武州このごろ記(1935)〈北条清一〉一千字訪問「大久保君が中々の仕事師であるといふことを想像するに難くない」
[語誌](1)「守貞漫稿‐四」によれば、土木の雑務生業とする雇われ人足を指す、江戸での名称で、「鳶(とび)」ともいわれていたと記されている。京坂での「手伝人足(てつだいにんそく)」と同じであるとも記されている。
(2)町抱えまたは店抱えという形態で日当を貰っていたが、武家に雇われることもあり、その場合には、「手間(てま)」と呼ばれた。土木業の他に、火消しも兼ねていたが、次第に火消しの方に重点が置かれるようになっていった。
(3)近代に入ると、「消防夫」という名称に取って代わられ、特に明治三九年(一九〇六)に消防署が設置されたことにより、火消しの意味での使用は減少した。そのため「仕事師」は土木業に従事する労働者の意味が再び強くなり、事業の計画や経営の上手な人を指す②の用法も新たに生じた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「仕事師」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の仕事師の言及

【鳶】より

…建築や土木作業で足場の組立てなど雑務を行う者。鳶職,鳶の者,鳶人足,仕事師ともいう。トビという職名は,彼らが鳶口または鳶と称する樫棒の先に鋼鉄製の鉤(かぎ)をつけた道具を携行することに由来する。…

※「仕事師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android