玄人跣(読み)クロウトハダシ

  • 玄人×跣

デジタル大辞泉の解説

《玄人もはだしで逃げだすほどである意》素人が技芸や学問などに専門家が驚くほどすぐれていること。「玄人跣の腕前」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (玄人がはだしで逃げ出す意) 素人が、技芸や学問などに専門家が驚くほどすぐれていること。
※続珍太郎日記(1921)〈佐々木邦〉一一「殊に義太夫には玄人跣足(クロウトハダシ)の造詣があった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android