コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神王 みわおう

2件 の用語解説(神王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神王 みわおう

737-806 奈良-平安時代前期の公卿(くぎょう)。
天平(てんぴょう)9年生まれ。榎井(えのい)親王の王子。施基(しきの)皇子の孫。宝亀(ほうき)11年(780)参議。延暦(えんりゃく)15年大納言,17年右大臣となり,従二位にいたる。壱志濃(いちしの)王とともに桓武(かんむ)天皇の治世をささえた。延暦25年4月24日死去。70歳。贈正二位。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みわのおう【神王】

737‐806(天平9‐大同1)
天智天皇の曾孫,施基(志貴)皇子の孫,榎井親王の子,光仁天皇の甥。767年(神護景雲1)従五位下,770年(宝亀1)従四位下,このころ光仁天皇皇女三品美弩摩内親王と婚。左大舎人頭,大蔵卿をへて779年参議,その後大蔵卿や弾正尹を兼ね,786年(延暦5)正四位上。791年桓武天皇を邸に迎え,794年従三位中納言,796年大納言,翌年删定令格を奏上,798年右大臣,802年と803年桓武天皇に奉献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

神王の関連キーワード国分寺(寺)桓武天皇桓武天皇桓武天皇藤原房前橘佐為藤原麻呂ペラヨペラヨ渤海(国)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神王の関連情報