コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神田伯竜 カンダハクリュウ

デジタル大辞泉の解説

かんだ‐はくりゅう【神田伯竜】

講談神田派の名。
(初世)[?~1850ころ]神田派の祖。師の神田辺羅坊寿観(べらぼうすかん)の名から神田を取り、同門の南鶴が田辺を取って名のったという。
(5世)[1890~1949]本名、戸塚岩太郎。東京の生まれ。3世伯山の門弟。大正・昭和の世話講談の名人といわれる。得意の読み物「吉原百人斬」「天保六花撰」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんだはくりゅう【神田伯竜】

(五世)(1890~1949) 講釈師。東京生まれ。本名、戸塚岩太郎。三世神田伯山に師事、俠客物を得意とするが、世話講談の一立斎文慶の影響を受け、「小猿七之助」「天保六花撰」などで人気を得た。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神田伯竜
かんだはくりゅう

講釈師。初代は神田派の祖と伝えられ、2代は初代門人で水戸に住んだため水戸伯竜と称せられた。ところが、3代伯竜が大阪の神田伯清に名前を売ったため伯竜の名跡は東西に分かれ、のち一竜斎貞三(ていぞう)が大阪の2代伯竜を襲名したが、その後大津・大阪に同時に伯竜が出現するなど複雑である。以下東京の代を記す。[延広真治]

4代

(1856―1901)本名松村伝吉。1883年(明治16)ごろ伯治より襲名。『祐天吉松(ゆうてんきちまつ)』を得意とした。実子は4代小金井芦洲(ろしゅう)。ついで伯鯉(はくり)(本名秋元格之助)が1904年(明治37)伯竜となったが、翌年講談界分裂に際し、師匠初代神田松鯉(しょうり)に背いたため、芸名を取り上げられ西尾麟慶(りんけい)となった。[延広真治]

5代

(1889―1949)本名戸塚岩太郎。3代伯山に師事。1912年(明治45)五山より襲名。『吉原百人斬(よしわらひゃくにんぎり)』『天保六花撰(てんぽうろっかせん)』など世話物を得意とし、名人と称せられた。[延広真治]

6代

(1926―2006)本名小村井光三郎。5代目に師事し、1982年(昭和57)伯治より襲名。世話物の第一人者で『小猿七之助(こざるしちのすけ)』などを得意とした。[延広真治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の神田伯竜の言及

【神田白竜子】より

…気位が高く,ほかの芸人のように町家に出入りして芸を披露することをしなかった。のち神田派の祖となった講釈師の初代神田伯竜は,神田辺羅坊寿観(べらぼうすかん)の高弟であったが,この神田白竜子にあやかって命名したもの。【矢野 誠一】。…

【講談】より

…乾坤坊(けんこんぼう)良斎は作家的才能を示した。神田派は初代神田伯竜が知られ,その門下の神田伯山は《天一坊》を読んで一世を風靡した。同じ伯竜門下の松林伯円は松林派の祖となった。…

※「神田伯竜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神田伯竜の関連キーワード小金井 芦洲(3代目)小金井 芦洲(4代目)小金井芦洲(4代)小金井芦洲(3代)神田伯山(初代)旭堂南陵(2代)おもな講談の演目松林伯円(初代)松林伯円(2世)神田伯竜(2代)神田伯山(1世)小金井芦洲6月23日6月25日一竜斎貞山神田白竜子小猿七之助松林伯円神田伯山旭堂南陵

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android