コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神経因性膀胱機能障害 しんけいいんせいぼうこうきのうしょうがい neurogenic dysfunction of the urinary bladder

2件 の用語解説(神経因性膀胱機能障害の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神経因性膀胱機能障害
しんけいいんせいぼうこうきのうしょうがい
neurogenic dysfunction of the urinary bladder

神経系統の損傷または疾患による膀胱機能障害の総称。脊髄の損傷や疾患によることが多いので,脊髄膀胱ともいう。症状は脊髄損傷の部位によって異なるが,尿を失禁する型と,尿が出にくい型とに大別できる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんけいいんせいぼうこうきのうしょうがい【神経因性膀胱機能障害 neurogenic bladder】

膀胱の運動や知覚を支配している神経が障害され,排尿などの正常な膀胱の機能がそこなわれている状態をいう。単に神経因性膀胱ともいう。排尿をつかさどる中枢は脳と仙髄(脊髄の下部)の2ヵ所にあり,この中枢とそれぞれを結ぶ神経のどこかに障害が起こると本症が発生する。脳の中枢は膀胱の無意識な収縮を抑制する作用があるため,脳出血脳動脈硬化症などでこの中枢が障害をうけると,膀胱はわずかの刺激で収縮し尿をもらしてしまう(尿失禁)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の神経因性膀胱機能障害の言及

【尿】より

…一方,この排尿反射は,仙髄より上位の排尿中枢である大脳に尿意として意識され,それまで随意的に収縮していた外括約筋がゆるんで排尿ができるようになるのである。 したがって,膀胱の排尿を支配している中枢神経から末梢神経に至るいずれかの経路がいろいろな原因で障害をうけると排尿機構に乱れを生ずる(この状態を神経因性膀胱機能障害という)。仙髄の排尿反射中枢より上位の中枢神経障害では,膀胱に尿が充満したとき下肢が痙攣(けいれん)する痙攣性膀胱,不規則な間隔で不随意に排尿が起こる無抑制膀胱が,これより下位の反射路の障害では,尿が膀胱に充満し少しずつあふれ出る弛緩性膀胱が生じ,尿失禁,尿閉などの排尿障害が起こる。…

【膀胱】より

…膀胱腫瘍の大部は悪性の移行上皮癌で,手術,放射線照射,化学療法,免疫療法が行われる。神経因性膀胱機能障害は膀胱支配神経の障害で,中枢性の痙攣(けいれん)性膀胱,無抑制膀胱,末梢性の弛緩膀胱がある。膀胱尿管逆流は膀胱尿が尿管,腎臓へ逆流する現象で,逆流防止機構の障害で起こる。…

※「神経因性膀胱機能障害」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

神経因性膀胱機能障害の関連キーワード運動神経感覚神経筋電図脛骨神経動眼神経遠心性神経知覚神経味覚神経アウエルバッハ神経叢ブラウン・セカール症候群

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone