コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神経因性膀胱 しんけいいんせいぼうこうNeurogenic Bladder

家庭医学館の解説

しんけいいんせいぼうこう【神経因性膀胱 Neurogenic Bladder】

[どんな病気か]
 膀胱は、十分な尿を蓄えることができ、がまんができて、もらすことがないという蓄尿(ちくにょう)と、意識すればいつでもスムーズに排尿(はいにょう)できて、膀胱に残る尿(残尿(ざんにょう))がないという、相反するはたらきをもっています。
 この2つのはたらきは、膀胱を収縮させる筋肉(膀胱排尿筋(ぼうこうはいにょうきん))や、尿道(にょうどう)をしめる筋肉(尿道括約筋(にょうどうかつやくきん))などの利尿筋群(りにょうきんぐん)が協調してはたらくことでコントロールされています。
 このような、膀胱の正常な排尿のしくみ(蓄尿と排尿)は、完全に神経の支配を受け、ふつうは円滑に行なわれています。
 この神経系の中枢(ちゅうすう)は、大脳皮質(だいのうひしつ)にあって、脳幹部(のうかんぶ)を通り、脊髄(せきずい)の中にある腰(よう)・仙髄(せんずい)の中継基地を経て、末梢神経(まっしょうしんけい)となって膀胱や尿道の利尿筋群につながっています。
 膀胱に尿がたまると、そのことが大脳皮質に伝えられ、この神経系の作用によって利尿筋群がはたらき、排尿がおこります。
 ですから、この神経系のどこかに形態的または機能的病変がおこると、利尿筋群の協調性が失われ、スムーズに排尿できなくなります。この状態を、神経因性膀胱といいます。
[症状]
 自覚されるのは、今まで意識することなく行なっていた排尿が、自分の思うようにできないという排尿異常です。大脳、脳幹、脊髄、末梢神経のどこに障害を受けたのか、また、その障害の程度や、発病からどのくらいたったのかによって、排尿障害の状態はさまざまです。
 排尿が困難なために、残尿が多くなり、その結果、尿路感染や尿路結石(にょうろけっせき)がおこって、膀胱尿管逆流(ぼうこうにょうかんぎゃくりゅう)(「膀胱尿管逆流」)などが長期におよぶと、腎臓(じんぞう)の機能低下をまねくおそれがあります。
[原因]
 原因でもっとも多いのは、外傷性脊髄損傷です。そのほか、脳血管障害、脳腫瘍(のうしゅよう)(「脳腫瘍とは」)、糖尿病性神経障害、多発性硬化症(たはつせいこうかしょう)(「多発性硬化症」)、パーキンソン病(「パーキンソン病(特発性パーキンソニズム)」)などによっておこることがあります。これらの病気については、それぞれの項目を参照してください。
 また、骨盤内(こつばんない)手術(子宮・直腸広汎摘出術(こうはんてきしゅつじゅつ)など)による末梢神経の損傷でもおこります。
[検査と診断]
 まず問診で、医師から排尿障害のようすや随伴症状の有無、病気の既往(きおう)、薬を服用しているかどうかなどをたずねられます。
 ついで、各種の検査を行ない、四肢(しし)の運動障害、不随意(ふずいい)運動、知能障害、言語障害などがあるかどうかを調べるとともに、各種の神経反射の異常がないか調べます。残尿の有無、残尿量のチェックは必須の検査です。
 排尿に関係する神経のはたらき具合を詳しく調べるには、尿流動態検査(尿流量測定、膀胱内圧測定、尿道内圧測定、外尿道括約筋筋電図(きんでんず)など)が重要です。
[治療]
 障害された神経の場所、障害の程度、発病(損傷)後の経過によって、治療法がちがいます。
 原因となった病気によって、診察を受ける科もちがいますが、それぞれの専門医にまかせると同時に、泌尿器科医(ひにょうきかい)にも相談しましょう。
 一般的には、膀胱内圧が低く、尿が出ない場合は、下腹部を圧迫する排尿訓練(クレーデ法)があります。
 また、尿道内圧を下げるために経尿道的電気切除術(けいにょうどうてきでんきせつじょじゅつ)や薬物治療が行なわれたりします。
 無活動性膀胱(むかつどうせいぼうこう)だったり、排尿筋・尿道括約筋協調不全などで残尿が多い場合は、1日3~4回尿がたまったころに、自分で管を入れて尿を出す間欠的自己導尿法が勧められます。
 薬物療法では、排尿筋の活動が強すぎる場合に、副交感神経節を遮断する作用のある臭化(しゅうか)メタンテリン、臭化プロパンテリンを使ったり、その筋肉に直接作用してゆるめる塩酸フラボキサート、塩酸オキシブチニン、塩酸プロピベリンを使用したりします。
 また逆に、排尿筋の反射が失われている場合は、神経をにぶくするコリンエステラーゼを抑える臭化ジスチグミンが用いられます。
 尿道括約筋の緊張が強い場合はα遮断薬(アルファしゃだんやく)が有効です。
 神経障害で尿道外括約筋がゆるんでしまうケースでは、尿道括約筋の張力を高める薬として、エフェドリンを配合した塩酸メチルエフェドリン、前駆物質である麻黄(まおう)を含んだ葛根湯(かっこんとう)などが有効です。
 そのほかに三環系抗うつ薬である塩酸イミプラミン、塩酸アミトリプチリンが最近よく使われます。β(ベータ)刺激薬である塩酸クレンブテロールなどが有効な場合もあります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神経因性膀胱
しんけいいんせいぼうこう

排尿に関与する中枢および末梢(まっしょう)神経の障害によっておこる排尿障害を総称する。原因として神経系の先天性および後天性の疾患がある。成人では脊髄(せきずい)外傷が代表例で、小児では先天性脊髄椎(つい)奇形に伴う脊髄形成不全が大部分を占める。また脳卒中や脳腫瘍(しゅよう)など脳障害によっておこる排尿異常も神経因性膀胱に入るが、狭義には脳膀胱とよばれる場合もある。
 排尿障害としては排尿しようと思っても尿が出ない排尿困難や、尿が無意識に排出する尿失禁などが代表的である。診断には、膀胱へ徐々に水を注入しながら膀胱内圧の変化を記録する膀胱内圧測定が行われる。神経因性膀胱の病型は複雑で、種々の分類が提案されている。このうち一般的なものとして、尿意を感ずるとがまんできずに漏らしてしまう無抑制膀胱、尿意が欠如し一定量の尿が膀胱にたまると排尿反射のおこる反射性膀胱、膀胱充満感や尿意がなく膀胱収縮もおこらない自律性膀胱、および膀胱知覚の欠如のため多量の尿が膀胱にたまってしまう無緊張性膀胱などに分類されている。
 直接生命を脅かす因子は、これら排尿障害を基盤としておこる尿路感染症、尿路結石、膀胱尿管逆流、水腎(じん)水尿管および腎機能障害である。放置すれば重篤な尿路感染症などを繰り返し、腎機能の廃絶に至る。[土田正義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の神経因性膀胱の言及

【神経因性膀胱機能障害】より

…膀胱の運動や知覚を支配している神経が障害され,排尿などの正常な膀胱の機能がそこなわれている状態をいう。単に神経因性膀胱ともいう。排尿をつかさどる中枢は脳と仙髄(脊髄の下部)の2ヵ所にあり,この中枢とそれぞれを結ぶ神経のどこかに障害が起こると本症が発生する。…

※「神経因性膀胱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神経因性膀胱の関連キーワード変形性頸椎症(頸部変形性脊椎症)老化にともなう泌尿器の病気尿路のしくみとはたらき神経因性膀胱機能障害急性出血性膀胱炎尿失禁とその対策膀胱頸部硬化症急性腎盂腎炎神経性頻尿前立腺症膀胱結石水腎症尿閉頻尿

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android