コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福富草子 ふくとみのそうし

3件 の用語解説(福富草子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福富草子
ふくとみのそうし

室町時代の御伽草子および絵巻。一名『福富長者物語』。作者,成立年未詳。放屁の名手福富織部の術をうらやみ,隣の乏少 (ぼくしょう) の藤太が妻の鬼姥 (おにうば) にすすめられて弟子入りするが失敗する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふくとみぞうし〔フクとみザウシ〕【福富草子/福富草紙】

御伽草子。1巻。作者未詳。南北朝時代の成立とされる。放屁(ほうひ)のじょうずな福富長者をまねた男の失敗談。絵巻物としても伝わる。福富長者物語。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふくとみぞうし【福富草子】

御伽草子。一巻。作者未詳。南北朝時代の成立か。放屁の術により福富の織部は長者となるが、それをうらやんだ隣家の男がまねをして大失敗する。福富長者物語。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone