コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

私法人 しほうじん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

私法人
しほうじん

私的な社会活動を目的とし,私人の設立行為によって成立する,私法上の法人をいう。公法人に対する概念。私法人は公益法人営利法人中間法人の3種に分けることができる。公益法人は不特定多数を対象とした公益活動を目的とする民法上の法人であり,営利法人とは特定構成員のための営利活動を目的とする商法上の法人であり,中間法人は公益や営利を直接の目的とするのではなく,特定構成員の福利厚生を目的とする特別法上の法人である (労働組合や農業協同組合など) 。なお,今日では公法と私法が混交して社会法という中間法域が発展してきているため,私法人と公法人の区別は従来ほどの重要性はなくなってきている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

私法人【しほうじん】

私法上の法人。公法人に対する。会社,社団法人のように,その内部の法律関係に国家の強制的権力作用の働かない法人である。その目的から営利法人公益法人,および,営利でも公益でもなく,〈社員に共通の利益を図ること〉を目的とした中間法人があり,その内部組織から社団法人財団法人の別がある。
→関連項目法人

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しほうじん【私法人】

私法上の法人。その内部の法律関係は自治を原則とし、国家による統制を加えられない。内部組織により社団法人・財団法人に、目的により営利法人・公益法人・中間法人に分けられる。 ↔ 公法人

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

私法人
しほうじん

公の目的以外の、私的目的の追求を存立の目的とする法人。その私的目的が公益に関するか営利に関するか、どちらでもないかにより、公益法人、営利法人、中間法人に分かれる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

私法人の関連キーワード官治行政保険会社公共団体民営鉄道私経済保険民有

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

私法人の関連情報