コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会法 しゃかいほう social legislation

6件 の用語解説(社会法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会法
しゃかいほう
social legislation

人間の実質的平等や社会的調和の達成を目的とする法。自由主義個人主義契約自由の原則などを基本理念とする市民法に対比される。資本主義社会の機構的矛盾の克服を目指し,人間の生存を確保することを価値原理として成立してきた法の体系であり,広義には労働法,社会保障法,経済法などをさすが,狭義には社会保障法をさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゃかい‐ほう〔シヤクワイハフ〕【社会法】

個人的利益に基礎をおく市民法を、社会の公共的利益を優先する立場から修正する法の総称。労働法経済法社会福祉に関する法など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

社会法【しゃかいほう】

市民社会の個人主義・自由主義の法原理を修正し,社会公共の利益の実現を目的とする法。財産権不可侵契約自由の原則などを基本原理とする市民法に対比される。資本主義社会の矛盾・欠陥の克服を目ざす労働法,社会福祉法など社会政策的立法をさす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しゃかいほう【社会法 Sozialrecht[ドイツ]】

第1次世界大戦後のドイツを中心として一般化した概念であり,所有権の絶対,契約自由の原則,過失責任主義を基本原理とする近代市民法を修正する意味をもつ法を指す。その意義については種々の考え方があり定説はないが,代表的な学説としては,O.F.vonギールケ,G.ギュルビッチG.ラートブルフなどの名をあげることができる。このうち日本の社会法理論に大きな影響を与えたのは,ラートブルフである。彼は,近代市民法が人間を抽象的に自由・平等な権利主体としてとらえる人間観に立ちつつ個人の自由な営利競争を指導原理とする法であるとし,しかしこうした自由競争と資本主義の発展が現実には貧富の差の拡大や階級による不平等と対立をひき起こし,さまざまな社会問題を生ぜしめてきたと述べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゃかいほう【社会法】

社会的・公共的利益を指標とする法の総称。近代市民法を修正する意味をもつ。労働法・経済法・社会保障法など。 → 市民法

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

社会法
しゃかいほう

普通、所有権の絶対、契約自由の原則などを基本原理とする近代私法体系の意味での市民法brgerliches Rechtと対比して、これらの原理を修正する意味をもつ法ないし法理・法思想を社会法Sozialrechtというが、この点については議論が多岐に分かれる。社会法の生成は、20世紀初頭以来のいわゆる社会問題(失業、貧困など)とこれに対応する国家の側からの社会政策のクローズアップを背景とし、また労働法や経済法といった、私法(民法)体系とはその原理を異にする新しい実定法部門の成立と結び付いている。ジンツハイマーやラートブルフが論じたように、市民法と異なりそこには、形式的平等にかわって実質的衡量が、抽象的な市民にかわって具体的な社会人が登場する。市民法がすべての人間を抽象的に平等な市民としてとらえてきたのに対して、社会法は人間を一定の階級・階層や集団に属する具体的な人間としてとらえ、とくに国家が人間の尊厳に値する生活の保障を積極的に配慮すべき社会的弱者を重視するわけである。社会法はこの意味で資本主義社会の矛盾によって生み出されたものといえるが、市民法原理の修正はもとより、この資本主義の枠組みにとどまる。労働法や経済法が独立の法ないし法学部門として独立した今日では、社会法を狭く社会福祉に関する法に限定してみる立場もあるが、社会問題が失業、貧困のみならず、中小企業、農業民、住宅、公害等々の問題へと拡大していることからすれば、その意義はますます重みを増しているともいえる。[大江泰一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

社会法の関連キーワードウィントフークロンメル第一次世界大戦サローアドルフに告ぐドイツ村公園BIS(Bank for International Settlements)国際決済銀行(BIS:Bank for International Settlements)《第2次世界大戦》ロンドン協定(第2次世界大戦)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

社会法の関連情報