秋刀魚の味

デジタル大辞泉プラスの解説

秋刀魚の味

1962年公開の日本映画。監督・脚本:小津安二郎、脚本:野田高梧、撮影:厚田雄春。出演:笠智衆岩下志麻、三上真一郎、佐田啓二岡田茉莉子東野英治郎岸田今日子ほか。第17回毎日映画コンクール撮影賞、男優助演賞(東野英治郎)、女優助演賞(岸田今日子)ほか受賞。監督・小津の遺作。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんまのあじ【秋刀魚の味】

小津安二郎監督の遺作になった松竹映画。1962年製作。アグファカラー,スタンダードサイズによる撮影は厚田雄春,美術は浜田辰雄,音楽は斎藤高順というスタッフはいつもと変わらず,夏に脚本の野田高梧と蓼科の山にこもって構想を練り,秋の3ヵ月をかけて撮影。婚期を逸した娘(岩下志麻)と父親(笠智衆)のかかわりを中心にすえた物語は脚本の野田高梧と初めてコンビを組んだ《晩春》(1949)を踏襲しているが,初老の父親の旧友たち(中村伸郎,北竜二)による子どもっぽいうそのつき合いやからかい半分の冗談の応酬が喜劇味を加えている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋刀魚の味
さんまのあじ

日本映画。1962年(昭和37)松竹作品。小津安二郎(おづやすじろう)監督の遺作。老サラリーマンの平山周平(笠智衆(りゅうちしゅう))は仲間から娘の路子(岩下志麻(いわしたしま)、1941― )を嫁に出すようにいわれ、娘の結婚話に奔走するが、行き違いから好きな人とは結婚できず、勧められた別な人と結婚する。小津安二郎の晩期の映画話法の粋(すい)を凝らした傑作。娘の結婚話が主題となっている点では、『晩春』(1949)以来、『秋日和(びより)』(1960)に至るまで共通の主題であるが、平山の恩師(東野英治郎(とうのえいじろう)、1907―1994)の娘(杉村春子(すぎむらはるこ))の無残な姿や、結婚式の後、亡き妻に似ているというバーのマダム(岸田今日子(きしだきょうこ)、1930―2006)に、葬式帰りと間違えられるも、否定しないところなど、ユーモアとともに小津作品にみられる残酷さも際だっている。ラストに、娘の部屋の鏡や、それまで画面に出てこなかった階段を映し出し、台所で水を飲む父親の姿に、晩年の小津の姿が重なる。[坂尻昌平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の秋刀魚の味の言及

【小津安二郎】より

…芸術院会員に選ばれた1963年12月12日,還暦の年の誕生日に正確に60歳で死亡。遺作は《秋刀魚の味》(1962)。晩年は日本的な伝統美に回帰し社会問題に背を向けたと批判されたが,その作品には戦争がたえず不在の影を落としているし,不動の構図が切りとる現実の断片は,一貫して生の過酷さと甘美さとを漂わしていた。…

※「秋刀魚の味」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋刀魚の味の関連情報