秋田実(読み)アキタミノル

  • 1905―1977
  • 秋田実 (アキノタノミ)
  • 秋田実 あきた-みのる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1905-1977 昭和時代の漫才作家。
明治38年7月15日生まれ。東京帝大を中退して大阪の吉本興業に入社。文芸部員となり,横山エンタツ,花菱(はなびし)アチャコの漫才台本を執筆。以後漫才作家としてミヤコ蝶々,南都雄二などおおくのスターをそだてた。晩年は大阪芸大教授。昭和52年10月27日死去。72歳。大阪出身。本名は林広次。著作に「私は漫才作者」「日本語と笑い」など。
【格言など】親やと思って,そんなに子供にえらそうにしたらあかん。親と子供は同い年やないか(藤田富美恵著「父の背中」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漫才作家。本名林広次。大阪生まれ。東京帝国大学支那(しな)哲学科に学ぶ。1934年(昭和9)吉本興業文芸部に所属後、漫才台本を次々と執筆し、多数の優れた漫才師を育成した。また、NHK演芸台本研究会を創設し、放送台本、構成に尽力してNHK放送文化賞を受賞。「漫才作家くらぶ」、雑誌『漫才』を主宰。『秋田実漫才選集』(1973)、『私は漫才作者』(1975)、『日本語と笑い』(1976)など著書も多い。上方(かみがた)漫才の育成に貢献し、大衆芸能発展に大きな業績を残した。

[関山和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の秋田実の言及

【漫才】より

…落語や講談と違って万才は形の決まらない即興の話芸であり,その不定形の様式が,この時代に万才の発展した原因である。そのように万才の様式を使い慣らしたのは横山エンタツ(1896‐1971)であり,彼が相方の花菱アチャコ(1897‐1974)との掛合いですでに手がかりをつかんでいた話芸の芽をさらに大きく伸ばしたのは,朝日新聞大阪本社の白石凡(1898‐1984)が,彼を秋田実(1905‐78)に引き合わせたのが機縁となっている。秋田実は大阪生れで,東京大学中国哲学科に在学中,日本労働組合全国協議会傘下の機関誌部に入り,非合法の活動に加わった。…

※「秋田実」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋田実の関連情報