コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薩摩節 サツマブシ

大辞林 第三版の解説

さつまぶし【薩摩節】

薩摩国産出の鰹節かつおぶし。外形は長大で味は濃厚。
浄雲じよううん」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

薩摩節
さつまぶし

薩摩国(鹿児島県)特産のかつお節。南さつま市坊津(ぼうのつ)、枕崎(まくらざき)市、指宿(いぶすき)市山川(やまがわ)などが産地。かつお節は古くからある保存食品であるが、煮熟後、燻乾(くんかん)する本格的製法は近世初期以降のものである。紀州熊野浦の漁師甚太郎(じんたろう)が1674年(延宝2)に発明したこの製法は宝永(ほうえい)(1704~11)のころ薩摩に伝えられたという。坊津では享保(きょうほう)(1716~36)の初め唐物(からもの)崩れ(密貿易検挙)によりカツオ漁業に転換し、18世紀初頭にかつお節製造家が2家おこり漁況も振興した。1823年(文政6)には製造家が坊津に10軒、泊津(とまりつ)(南さつま市)に4軒あった。当時は半製品の荒節が主で、大坂、兵庫にも移出している。明治以降も土佐節・紀州節と並ぶ名産で、現在でも全国生産の約6割を占めている。[原口 泉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の薩摩節の言及

【浄瑠璃】より

…丹後掾の正本に《清水の御本地》があるが,その末流は扇情的・抒情的な軟派の流風に傾く。浄雲には《はなや》などあり,その勇壮な硬派の流派(薩摩節)は2世薩摩その他に受け継がれ,明暦(1655‐58)から寛文(1661‐73)ころ以後,それぞれが流派を立てて活躍した。その中で注目されるものに金平(きんぴら)節(金平浄瑠璃),外記節土佐節がある。…

※「薩摩節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

薩摩節の関連キーワード杵屋六左衛門(10代)杵屋六左衛門(11代)大薩摩主膳太夫(初代)大薩摩文太夫(3代)富士田吉次(1世)薩摩外記(初代)大薩摩主膳太夫五大力恋緘江戸浄瑠璃大薩摩節だんまり北条宮内筑摩川三味線永閑節小薩摩外記節大薩摩原口外形