コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秩禄公債 ちつろくこうさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秩禄公債
ちつろくこうさい

廃藩置県後,維新政府が授産の目的で士族に貸付けた公債。 1873年 12月に家禄賞典禄を返還した 100石未満 (のちに 100石以上にも適用) の士族に対し,禄高に応じ,永世禄として6ヵ年分,終身禄として4ヵ年分を現金と公債証書に折半して支給する布告が出された。公債は3ヵ年据置きで8分利付,7ヵ年で償還する条件で,1600万円余が発行された。金禄公債交付への前段階的処置であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちつろく‐こうさい【秩×禄公債】

明治6年(1873)から同8年までに秩禄を奉還した士族に交付された公債

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちつろくこうさい【秩禄公債】

1873年(明治6)から75年まで、家禄を奉還した士族に交付された公債。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の秩禄公債の言及

【交付公債】より

…これは国の支払いの手段であって,国の収入とはならない。日本では,明治初期,財政基盤が確立していなかった維新政府が発行した金禄公債や秩禄公債(秩禄処分)をはじめとして,戦費調達や恐慌救済等のため発行された事例は多い。第2次大戦後も農地改革のときに旧地主に交付された農地被買収者国庫債券(農地証券),戦没者の妻に交付された特別給付金国庫債券(遺族国債)などが発行されている。…

【秩禄処分】より

…家禄税(華士族禄税則)は,家禄5石以上の者を対象とし禄税を335段階に細分し,上層ほど高率の累進税を課すものであった。家禄奉還制度(〈家禄奉還ノ者ヘ資金被下方規則〉)は,禄高100石未満の者が家禄奉還を望むときは,希望者に家禄6年分(終身禄は4年分)を半分は現金,半分は年8分の秩禄公債で一時に下付するもので,秩禄公債は3年目から償還し,7年間で完済する計画であった。また,この資金・公債で官林荒蕪地(かんりんこうぶち)の半価払下げをうけ帰農できるよう,〈産業資本ノ為メ官林荒蕪地払下規則〉を同時に制定した。…

※「秩禄公債」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

秩禄公債の関連キーワード交付公債秩禄処分明治

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android