究(漢字)

普及版 字通「究(漢字)」の解説


常用漢字 7画

[字音] キュウ(キウ)・ク
[字訓] きわめる・はかる

[説文解字]

[字形] 形声
声符は九(きゅう)。九は竜形の虫が屈曲している形で、曲の意がある。〔説文〕七下に「窮なり」、窮字条に「極なり」、また穹字条に「窮なり」とあって、究・窮・穹は声義が近い。〔詩、大雅、皇矣〕「爰(ここ)に究め爰に度(はか)る」の〔毛伝〕に「究は謀なり」とあって、図謀の意にも用いる。(き)・(う)はその字形からみて、中で呪霊をもつ虫を用いて行う呪儀を示す字であり、究もそのようなことから図謀の意をもつのであろう。

[訓義]
1. きわめる、おしきわめる、屈曲してきわめつくす。
2. きわまり、はて、おわり。
3. はかる、おしはかる、はかりきわめる。
4. いわあな、いわや、たに。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕究 キハム・キハマル・フカシ・ツクル・コトゴトクニ・ムクユ・ハカル 〔字鏡集〕究 キハマル・ツヒ・ハカル・コトゴトク・キハム・ツクス・ムクユ・コトニ・フカシ・ハカリゴト

[語系]
究kiukyu、弓・穹khiungはみな同系の語で、究曲する意がある。

[熟語]
究掩・究懐究覈・究帰・究擬・究詰究究・究・究極・究研・究察・究思究悉・究処・究審・究心・究尽究訊究尋・究責・究宣・究達・究治究暢究懲・究徹・究途究討・究年・究物・究弁・究訪・究明・究問究覧・究理・究論
[下接語]
淹究・学究・窮究・研究・考究・攻究・講究・察究・悉究・詢究・詳究・尋究・推究・遂究・精究・闡究・探究・追究・討究・博究・畢究・弁究・無究・練究・論究

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android