コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空木岳 うつぎだけ

5件 の用語解説(空木岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空木岳
うつぎだけ

長野県南西部,木曾山脈の主峰の1つ。標高 2864m。山頂東側の空木平には駒石といわれる花崗岩の風化でできた奇岩が散在している。この空木平を境にハイマツ帯からダケカンバ帯に変る。北方の駒ヶ岳との間は木曾山脈の代表的縦走路である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うつぎ‐だけ【空木岳】

長野県南西部、木曽山脈第2の高峰。標高2864メートル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

空木岳【うつぎだけ】

長野県,木曾山脈にある山。標高2864m。東西は急斜面をなして,伊那盆地木曾谷へ臨む。山名は,春先に伊那盆地から眺めると,残雪の模様が爛漫に咲くウツギの花に見えることからと言われている。
→関連項目飯島[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

うつぎだけ【空木岳】

長野県南部,木曾山脈の最高部(駒ヶ岳付近)の南方にある山。標高2864m。山名は,6月ごろ伊那谷から望んだ山頂東部の空木平(カール)の残雪の形がウツギの花に似ていることに由来するという。山頂付近には花コウ岩の岩塊が突出しているが,中腹部はハイマツ,ナナカマドなどの高木林でおおわれている。山頂に達するアプローチが長いため,駒ヶ岳付近よりも自然のままの植生が保全されている。空木平には夏は豊かな湿性の高山植物が繁茂し桃源郷雰囲気がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕空木岳(うつぎだけ)


長野県南部、木曽(きそ)山脈(中央アルプス)のほぼ中央に位置する山。標高2864m。山頂部の空木平(うつぎだいら)には氷食地形が発達。山稜・山腹に多くの高山植物群落が見られる

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

空木岳の関連キーワード甲斐駒ヶ岳木曾駒ヶ岳木曾山脈駒ヶ岳木曽山脈・木曾山脈駒ヶ根木曽山脈上松[町]木曽駒ヶ岳宮田[村]

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

空木岳の関連情報