コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空法 くうほう air law

3件 の用語解説(空法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空法
くうほう
air law

広義では「空域を使用する生活関係の法」として電波や通信関係をも規制の対象にするが,狭義では航空つまり航空機の運航および利用から生じる生活関係を規律する法をいう。しかし必ずしも厳密に区別されておらず,世界的にみると航空法の意味で空法と称される場合が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くう‐ほう〔‐ハフ〕【空法】

非現実的な方法。
航空法(こうくうほう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

空法
くうほう
air law

「空間に関する法」を扱う新しい法律学の一分野。広義では宇宙空間についての法を含むが、狭義では大気空間における航空機の航空を中心とする法をさしている。狭義の普通の意味では、空法は、航空と航空に関連する諸関係を規律する規範の総体である。具体的には、航空機の運航と利用ならびにこれに伴って生ずる関係、航空機と空域に関する法規範のすべてをいう。内容的にみると空域の法的地位、領空主権商業航空権、航空企業、航空機、航空機の運航、機長と乗組員、航空施設と航空安全業務、ハイジャックや航空妨害などの航空犯罪、航空運送、地上第三者損害、空中衝突、救援・救助、航空機の法的地位、航空機抵当などの諸問題を取り扱う。まだ若い学問分野であるが、発達が早く国際性が強い。[池田文雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

空法の関連キーワード氏名権社会病理マリオットの法則空域使用人扶養義務身分法余所外違法行為食生活関連産業

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

空法の関連情報