コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空法 くうほうair law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空法
くうほう
air law

広義では「空域を使用する生活関係の法」として電波や通信関係をも規制の対象にするが,狭義では航空つまり航空機の運航および利用から生じる生活関係を規律する法をいう。しかし必ずしも厳密に区別されておらず,世界的にみると航空法の意味で空法と称される場合が多い。空法の内容となる法律関係の特殊性は,空という活動の舞台の特殊性と陸上および水上の運送手段と著しく異なる航空機を使用するという独自の実体関係の反映による。また航空は性質上国際的であり,国際的に統一して解決すべき法律問題が多いため,関係する国際条約の空法に占める比重は大きい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

空法
くうほう
air law

「空間に関する法」を扱う新しい法律学の一分野。広義では宇宙空間についての法を含むが、狭義では大気空間における航空機の航空を中心とする法をさしている。狭義の普通の意味では、空法は、航空と航空に関連する諸関係を規律する規範の総体である。具体的には、航空機の運航と利用ならびにこれに伴って生ずる関係、航空機と空域に関する法規範のすべてをいう。内容的にみると空域の法的地位、領空主権、商業航空権、航空企業、航空機、航空機の運航、機長と乗組員、航空施設と航空安全業務、ハイジャックや航空妨害などの航空犯罪、航空運送、地上第三者損害、空中衝突、救援・救助、航空機の法的地位、航空機抵当などの諸問題を取り扱う。まだ若い学問分野であるが、発達が早く国際性が強い。[池田文雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

空法の関連キーワードフットランチドマイクロライト部会スポーツ用超軽量航空機静岡空港をめぐる問題非常脱出90秒ルール航空重大インシデントフライトマニュアル民間航空規制緩和法航空機の搭載燃料米軍低空飛行問題国際民間航空条約フライトルール航空機標識記号機内迷惑行為航空機乗組員除去請求権説一切有部大淀三千風立ち木問題パイロット不定期航空

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android