コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窪田清音 くぼた すがね

2件 の用語解説(窪田清音の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

窪田清音 くぼた-すがね

1791-1867* 江戸時代後期の武術家,兵法家。
寛政3年2月28日生まれ。幕府講武場頭取。中島流砲術,山鹿(やまが)流兵法,田宮流居合をはじめ十数流の武術と兵法をおさめる。古伝の研究・記述者としても知られ,兵書50部,剣法38部,武家故実類書13部などをのこした。慶応2年12月25日死去。76歳。初名は勝栄(かつなが)。通称は助太郎,源太夫。号は修業堂。著作に「剣法略記」「山鹿伝采幣(さいはい)伝授」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

窪田清音
くぼたすがね
(1791―1866)

幕末の兵学者、講武所頭取兼兵学師範役。旗本窪田助左衛門勝英(かつふさ)(1758―1851)の長子。初名は勝栄、通称助太郎、のち源太夫、修業堂と号した。父勝英は兵学、武術の達人として知られ、中島流の砲術を教授し、晩年は延寿斎武楽と号した。清音は幼少のころから武術の修業に励み、父からは中島流を、外祖父の黒野義方から山鹿(やまが)流兵法および吉富流居合を伝授され、また平野匠八について田宮流剣術および関口流柔術を修め、1813年(文化10)23歳のとき芸術出精(げいじゅつしゅっせい)を賞せられて大御番士(おおごばんし)に登用された。その後も甲州、越後(えちご)、長沼などの諸流兵法を兼修し、宝蔵院流、無辺無極(むへんむきょく)流槍(そう)術や小笠原(おがさわら)流、日置(へき)流弓術、さらに能島(のじま)流水軍や伊勢(いせ)流武家故実(こじつ)に通じた。36年(天保7)には弓矢鑓奉行(ゆみややりぶぎょう)、その後、御広敷(おひろしき)番頭、御納戸頭(おなんどがしら)に累進したが、42年8月、同僚の羽倉外記(げき)と職務上の争論をして御役御免(おやくごめん)となり、寄合に編入された。このころから、彼がもっとも得意とする山鹿流兵学と田宮流居合を中心として、門人の育成と武術書の著述に力を注ぎ、55年(安政2)幕府に講武場(所)が新設されると、同所の頭取兼兵学師範役に抜擢(ばってき)され、山鹿流を講じた。しかし、精神的な士道教育に重点を置く窪田の兵学講義は、時代遅れの感があり、人々から「下手の長談義」と評されるほどで、在職3年余、58年11月、御留守居番に転じた。[渡邉一郎]
『山田次朗吉編『剣道集義』(1968・高山書店) ▽窪田清音著『略伝』(国学院大学所蔵・佐々木文庫) ▽石岡久夫著『兵法者の生活』(1981・雄山閣出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

窪田清音の関連キーワード物外不遷阿部元五郎大野乙雨小野弥助久世敦行所具典中川憲斎堀貞則松浦煕湯沢寿平

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

窪田清音の関連情報