コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立久恵峡 たちくえきょう

百科事典マイペディアの解説

立久恵峡【たちくえきょう】

島根県出雲市南部の峡谷名勝天然記念物)。神亀(しんき)峡とも。神戸(かんど)川上流にあり,長さ約2km。安山岩質角礫(れき)集塊岩浸食を受けて高さ100〜150mの急崖をつくり,岩柱や奇岩が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たちくえきょう【立久恵峡】

島根県出雲市南郊の神戸(かんど)川中流にある峡谷。安山岩質角レキ集塊岩が浸食されてできた地形で,約2kmにわたって火山破屑物からなる岩脈や節理が発達し,名勝,天然記念物に指定されている。かつては山岳宗教の行場で,五百羅漢は当時の遺跡として知られる。一帯は県立自然公園に指定され,天然林の樹種が豊かで,イワヒバ,セッコク,スミレモなどの大群落が見られる。【池田 善昭】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔島根県〕立久恵峡(たちくえきょう)


島根県出雲(いずも)市を流れる神戸(かんど)川中流部の峡谷。長さ約2km。高さ100~150mの断崖(だんがい)が続き、烏帽子(えぼし)岩・屏風(びょうぶ)岩などの奇岩が連なる。国指定名勝・天然記念物。古くは山岳宗教の修験(しゅげん)場で、五百羅漢(ごひゃくらかん)の石像が残る。セッコク・イワヒバなどの群落が繁茂し、県立自然公園に指定。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立久恵峡
たちくえきょう

島根県西部、出雲(いずも)市の神戸(かんど)川の峡谷。国指定名勝・天然記念物。県立自然公園。集塊岩質安山岩が選択侵食されてできたもので、高さ100~200メートルの急崖(きゅうがい)が約2キロメートルにわたって続く。左岸には烏帽子(えぼし)岩、ろうそく岩、猿(さる)岩、屏風(びょうぶ)岩、天狗(てんぐ)岩などとよばれる奇岩が連続する。明治の文学者大町桂月(けいげつ)は山陰の耶馬渓(やばけい)と称した。峡谷の中央には立久恵薬師を祀(まつ)る霊光(れいこう)寺がある。峡谷に沿う遊歩道もあり、付近にはユースホステル、旅館、キャンプ施設や多目的広場を備えた「わかあゆの里」、立久恵峡温泉がある。JR山陰本線出雲市駅からバスの便がある。[飯田 光]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

立久恵峡の関連キーワード立久恵峡県立自然公園島根(県)出雲(市)烏帽子神戸川神亀峡屏風修験

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android