コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立川遺跡 たちかわいせき

2件 の用語解説(立川遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立川遺跡
たちかわいせき

北海道磯谷郡蘭越町字立川にある先土器時代の遺跡。 1958,59年に市立函館博物館の主催により発掘調査が行われた。遺跡は比高約 25mの昆布川の河岸段丘上にあり,4地点が調査された。細石刃,細石核,彫器,掻器,刃器,尖頭器,舟底形石器などが出土したが,なかでも立川型尖頭器といわれるものは重要である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立川遺跡
たちかわいせき

北海道後志(しりべし)総合振興局管内の蘭越(らんこし)町立川にある先縄文時代の遺跡。調査は、1958~59年(昭和33~34)市立函館(はこだて)博物館の主催のもとに行われた。遺跡は、日本海に注ぐ尻別(しりべつ)川の支流昆布(こんぶ)川の河岸段丘上にある。発掘調査の結果、四地点で石器、石片などが集中して出土することが確認され、それぞれ第地点と名づけられた。使用石材には頁岩(けつがん)、黒曜石、めのうなどがみられる。出土している石器は、細石刃(さいせきじん)、この遺跡にちなんで名づけられた有柄(ゆうへい)の尖頭器(せんとうき)である立川ポイント、彫器(ちょうき)、端削器(たんさくき)などであり、細石刃を剥(は)がした細石核(さいせっかく)もある。地点で石器の組合せが異なっているため、それをどう考えるかで議論が分かれている。[藤本 強]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立川遺跡の関連キーワード北海道磯谷郡蘭越町相生北海道磯谷郡蘭越町川上北海道磯谷郡蘭越町栄北海道磯谷郡蘭越町清水北海道磯谷郡蘭越町立川北海道磯谷郡蘭越町日出北海道磯谷郡蘭越町三笠北海道磯谷郡蘭越町港町北海道磯谷郡蘭越町湯里北海道磯谷郡蘭越町蘭越町

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone