コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本津太夫(3世) たけもとつだゆう[さんせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹本津太夫(3世)
たけもとつだゆう[さんせい]

[生]明治2(1869)
[没]1941
義太夫節の太夫。2世津太夫の門人。本名村上卯之吉。浜子太夫,文太夫,浜太夫を経て 1910年3世襲名。 24年文楽座櫓下 (やぐらした。総座頭) 。豪快な芸風に晩年は滋味が加わり,6世竹本土佐太夫豊竹山城少掾とともに三巨頭と称された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

竹本津太夫(3世)の関連キーワード人形浄瑠璃

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android