コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹本綾之助(初代) たけもと あやのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹本綾之助(初代) たけもと-あやのすけ

1875-1942 明治-大正時代の女義太夫の太夫。
明治8年6月10日生まれ。11歳のころ上京して初代竹本綾瀬太夫に入門。美貌と美声で「八丁荒らし」といわれ圧倒的な人気を博し,女義太夫の全盛時代をきずいた。昭和17年1月31日死去。68歳。大阪出身。本名は石井園。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

竹本綾之助(初代)

没年:昭和17.1.31(1942)
生年:明治8.6.10(1875)
明治時代,東京に娘義太夫全盛期をもたらした中心的太夫。本名石山薗。大阪生まれ。幼少より義太夫三味線を弾く養母勝に芸を仕込まれ,明治18(1885)年ごろ上京して浅草の寄席に男装で出演し,花形となる。同じ年に竹本綾瀬太夫(5代目竹本土佐太夫)に入門し,綾之助の名を得て,19年(20年とも),両国で真打ちの看板をあげ,以後東京で活躍。端麗な容貌と美声で熱狂的な男子学生ファン堂摺連に追いかけられ,事実無根の醜聞を書きたてられるなど,現代のアイドル歌手のごとき人気を誇った。実際は親孝行で品行方正であったという。31年に結婚のため引退。41年に復帰したが往時の勢いはなく,大正14(1925)年,完全に引退した。<参考文献>埠迪子「竹本綾之助」(『近代日本の女性史』5巻)

(田中悠美子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

竹本綾之助(初代)の関連キーワード竹本 綾之助(3代目)竹本 綾之助(2代目)竹本 綾之助(1代目)竹本 東玉(1代目)竹本 綾之助(初代)竹本 東玉(初代)竹本小土佐1月23日竹本 小清竹本 綾菊竹本小清大正時代竹本素女竹本東玉

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android