コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹田近江(初代) たけだ おうみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹田近江(初代) たけだ-おうみ

?-1704 江戸時代前期のからくり芝居座本。
江戸でからくりを考案。万治(まんじ)元年京都で出雲目(いずものさかん),翌年近江少掾(しょうじょう)をさずけられ,からくりの興行権をえる。寛文2年大坂道頓堀で竹田座をひらき,からくり人形芝居をはじめて名声を博した。宝永元年7月3日死去。阿波(あわ)(徳島県)出身。名は清房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android