コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手を入れる テヲイレル

デジタル大辞泉の解説

手(て)を入(い)・れる

よい状態にするために、補ったり、直したりする。手を加える。「原稿に―・れる」「盆栽に―・れる」
捜査検挙のために、警察などが現場に踏み込む。「暴力団の事務所に―・れる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てをいれる【手を入れる】

作品などの修正・訂正をする。また、整える。 「原稿に-・れる」
ひそかに人を使って調べたり、働きかけたりする。 「どうぞ-・れて首尾さしたがるは商上手といふもの/浮世草子・禁短気」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

手を入れるの関連キーワード急速進行性腎炎症候群おもな慣用句ムートン伊藤サボナローラマフポケット虎の尾を踏む斧鉞を加える手を加える相槌を打つ中村涼子真実の口化粧直し人形劇仕立て入れる剪裁下書訂正マフ差す

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手を入れるの関連情報