コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手を入れる テヲイレル

2件 の用語解説(手を入れるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

手(て)を入(い)・れる

よい状態にするために、補ったり、直したりする。手を加える。「原稿に―・れる」「盆栽に―・れる」
捜査検挙のために、警察などが現場に踏み込む。「暴力団事務所に―・れる」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てをいれる【手を入れる】

作品などの修正・訂正をする。また、整える。 「原稿に-・れる」
ひそかに人を使って調べたり、働きかけたりする。 「どうぞ-・れて首尾さしたがるは商上手といふもの/浮世草子・禁短気」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手を入れるの関連キーワードスキー八雲作・冊・削・搾・昨・朔・柵・炸・窄・策・索・酢・錯・鑿砂山チェリー花菱作田鎧(甲)作

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手を入れるの関連情報