コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筆石 フデイシ

デジタル大辞泉の解説

ふで‐いし【筆石】

古生代オルドビス紀シルル紀に栄えた半索動物に属すると考えられる化石動物キチン質の外殻がのこぎり状のをつくり、さらに枝が集まって群体を形成。名称は、岩の表面に文字が描かれているように見えることに由来する。多くは海中浮遊生活をしていたが、海底にすむものもあった。グラプトライト

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

筆石【ふでいし】

グラプトライトとも。カンブリア紀中期〜石炭紀初期に知られる海産原索動物。特にオルドビス紀シルル紀示準化石として重要。一般に多くの枝からなる群体をつくり,枝はコップ状の細胞体(胞)で構成される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふでいし【筆石 graptolite】

古生代のカンブリア紀から石炭紀まで生存した海生の化石動物。グラプトライトともいう。代表的なものの形が昔ヨーロッパで用いられた羽根ペンに似ているところからこの名がつけられ(〈書かれたもの〉を意味するギリシア語graptosに由来),日本でも筆石と訳された。汎世界的に分布し,オルドビス紀とシルル紀に特に繁栄した。キチン質の外殻からなり,群体を形成する。重要なグループは羽根ペン状の正筆石目(イラスト)と樹枝状の樹形目(イラスト)で,他に管形目,房形目,枝形目などの少数グループがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふでいし【筆石】

化石動物の一群。キチン質の外被におおわれた群体はシダの葉のように見える。浮遊生活するものと固着生活するものがあった。古生代の海中に生息した、腸鰓類と考えられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

筆石
ふでいし
graptolite
[学]Graptolithina

古生代に生存した半索動物に属する海生の化石動物。個体はキチン質あるいは硬タンパク質よりなる小さなコップ状または管状の胞の中にあり、これが多数の枝状体につき、枝状体が集まって群体をつくる。
 群体の形は円錐(えんすい)状、塊状、螺旋(らせん)状、紐(ひも)状、樹枝状とさまざまで、ミリメートル単位のものから1メートルに近いものまである。群体は、剣盤とよばれる円錐体に始まり、これから出る走根に胞がつき、枝状体をつくる。固着生活をするもの(例、樹型類)は全体が樹枝状で、胞をもたない横枝が枝状体をつなぐものもある。浮遊生活をしたもの(正筆石類)は、少数の枝状体に胞が一列もしくは二列に規則正しくついており、枝状体は浮き袋状の空気嚢(のう)に下がっていたと考えられる。この類の化石は、枝状体が分離して、細長い片刃または両刃の鋸歯(きょし)状で産出することが多い。
 筆石類の生存期間はカンブリア紀中期から石炭紀にかけてであるが、オルドビス紀、シルル紀(両紀を筆石時代とよぶことがある)およびデボン紀前期に多く、とくに正筆石類は中生代のアンモナイトのように地層の分帯、対比に利用される。
 日本では近年初めて産出が報じられたほどできわめて少ないが、国外では汎(はん)世界的に分布し、とくに黒色頁(けつ)岩に多い。しかし、石灰質、珪(けい)質の岩石中にもみいだされ、これらのなかには保存のいいものがあって、それを材料に筆石の構造が詳しく調べられた。
 筆石は化石動物でしかも特殊な体制をもつため、その系統的な所属につき、コケムシ、ヒドロムシをはじめ、いろいろな説があったが、現在では走根や胞の壁の構造などから、半索動物の翼(よく)(羽)鰓(さい)類(現生ではエノコロフサカツギ)との類似性が認められ、翼鰓類と並んで半索動物の一員とされている。[藤山家徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

筆石の関連キーワードカレドニア造山帯ディクチオネマオルドビス系無脊椎動物ラプワースシルル系準化石腸鰓類古生物筆石類外被凍石シダ一群固着