コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等式 とうしきequation; equality

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

等式
とうしき
equation; equality

二つの数または,あるいは数学的対象ab があるとき,これらが等しいことを示すために記号=(等号という)が用いられる。すなわちabab が等しいということを示している。この等しいという関係には,

(1)aa(反射律)
(2)ab ならば ba(対称律)
(3)ab かつ bc ならば ac(推移律)


という性質がある。等式とは,数や式が等号で結ばれている数学的表現のことである。等式には,恒等式と方程式がある。恒等式は,(ab2a2-2abb2 のようなもので,文字に値を代入することと無関係に,式の変形規則に従って証明される等式である。方程式は,3x-5=0 のような式で,文字がある特定の値をとるときに限って成り立つような等式である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうしき【等式 equality】

数や変数,式,関数などについての式を等号で結んだものを等式という。例えば,などは等式の例である。(1),(2),(3),(4)では両辺をそれぞれ適当に整理すると,両辺がまったく同じになり,等号はいつも成り立つ。このような等式を恒等式という。一方,(5),(6),(7)では,変数xyに着目すると,xyが特定の値をとるときにのみ等号が成り立つ。このような等式を方程式という。一般に,等式ABは次の性質をもつ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とうしき【等式】

式や文字や数が等号で結ばれているもの。(a b 2a 2+2a b b 2 のように等しい関係が a b の値にかかわらず常に成り立つもの(恒等式)と、x 2-5x +6=0 のように文字に特別の数値を与えた時だけ等しい関係が成り立つもの(方程式)とがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

等式
とうしき

形式的には、二つの数学的対象(記号)を左右に置き、その間に等号を挟んだ式を等式という。左右の式をそれぞれ左辺および右辺という。等式の数学的意味は、左と右辺がともに同一の数学的対象を指示していることである。たとえば
 2+3=5,a+b=b+a,x2-3x-4=x+1,
 △ABC=△PQR
はすべて等式であり、第二の例はa、bがどんな数値を表すときでもつねに成り立つから、恒等式であり、第三の例はxが特定の数値(-1と5)を表すときだけ成り立つから、方程式である。また第四の例は左辺と右辺の三角形の面積が等しいことを表す。
 等号は同値関係の一種である。すなわち、A=A(反射的)、A=BならばB=A(対称的)、A=BかつB=CならばA=C(推移的)という三つの法則に従う。与えられた等式から数学的に導き出される等式を最初の等式の変形(変更)といい、この等式変形の原理は、前述の三法則と、A=BならばA±C=B±Cが成り立ち、またA=BかつC≠0ならば、

が成り立つことである。とくにA±B=CからA=CBの変形を、左辺のBを右辺に移項するという。
 等式変形の原理(等式の性質)はとくに方程式の解法にとって重要である。[竹内芳男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

等式の関連キーワードブラックショールズ方程式パーセヴァルの関係式不可逆過程の熱力学トレミーの定理テーラーの定理オイラーの公式消去(数学)ベイズの定理交流ブリッジ貸借対照表絶対不等式ガンマ関数超幾何級数対数方程式線形計画法二次計画法式(数学)R. ロア1次方程式株主持分

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

等式の関連情報