コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箕郷 みさと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

箕郷
みさと

群馬県中南部,高崎市中部の旧町域。榛名山南東麓にある。 1955年箕輪町と車郷村が合体して箕郷町が発足。 1957年相馬村と上郊村のそれぞれ一部を編入。 2006年高崎市に編入。中心集落の西明屋 (にしあきや) は,室町時代末期に形成された箕輪城下の町家が起源。近世初期に井伊直政城下町を整備したもので,当時の面影が残されている。ウメやナシなどの果樹栽培,肉牛飼育などが行なわれる。特にウメの生産量は農業構造改善事業により増加した。箕輪城跡は国の史跡に指定。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

箕郷
みさと

群馬県中西部、群馬郡にあった旧町名(箕郷町(まち))。現在は高崎(たかさき)市の北部の東寄りを占める地域。1955年(昭和30)箕輪(みのわ)町と車郷(くるまさと)村が合併して箕郷町が成立。1957年相馬(そうま)村と上郊(かみさと)村の各一部を編入。2006年(平成18)高崎市に編入。旧箕郷町は榛名(はるな)山南東斜面の農村で、ほぼ中央を白川(しらかわ)が南東に流れ烏(からす)川に注ぐ。集落は標高140~500メートルに分布し、主要地方道が南の高崎市街地、北の渋川市に通じる。旧箕輪町は室町時代箕輪城の城下町で、西明屋(にしあきや)にその名残(なごり)をとどめている。1598年(慶長3)井伊直政(いいなおまさ)が高崎城に転じてから廃城になった。箕輪城跡(国史跡)は城門などの遺構が残され、遊歩道なども整備されている。養鶏、野菜栽培のほかナシ、モモ、ウメの果樹栽培が特色。灌漑(かんがい)用の人工湖鳴沢(なるさわ)湖は風景に優れる。[村木定雄]
『『箕郷町誌』(1975・箕郷町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

箕郷の関連キーワード群馬県高崎市榛東[村]高橋 邦雄清水 善造高崎(市)エスビック長野業政山口薫友鶴

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

箕郷の関連情報