コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粉河寺縁起 こかわでらえんぎ

2件 の用語解説(粉河寺縁起の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こかわでらえんぎ【粉河寺縁起】

粉河寺の本尊千手観音造像にまつわる奇跡とその霊験譚を描いた絵巻。1巻。12世紀後半の制作と推定される。火災によって巻頭部分を失い,巻の上下もいたみがはげしい。この説話自体は,はやく1054年(天喜2)の《粉河寺大率都婆建立縁起》の前半に収載されており,それを参照すれば,前段は,宝亀年中(770‐781)紀伊国那賀郡に住む猟師が,山中に光明の輝く所のあるのを見て奇異に思い,柴の庵を建て仏像を造りたいと念じていると,童行者が訪れて,7日の間庵に閉じこもり千手観音像を造ってそのまま姿を消したという同寺草創の話。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

粉河寺縁起
こかわでらえんぎ

和歌山県、粉河寺の千手観音(せんじゅかんのん)にまつわる説話を題材とした絵巻。1巻。内容は2部からなり、第1話は、宝亀(ほうき)年間(770~781)紀伊(きい)国(和歌山県)の猟師が山中で地面から光を発するのを見、そこにお堂を建て仏像を祀(まつ)りたいと願う。ある日1人の童子が現れて宿を請い、その礼に仏像をつくるが7日間はのぞいてはならないという。8日目に猟師が行ってみると、童子の姿はなく金色に輝く千手観音が立っていたという話。第2話は、重病に悩む河内(かわち)国(大阪府)の長者の娘を、1人の童子が千手陀羅尼(だらに)を唱えて治す。童子は娘が捧(ささ)げる紅の袴(はかま)を受け取り、長者の問いに、居住は紀伊国粉河とだけ告げて立ち去る。翌年長者一家が訪ねて行くと、千手観音の手に娘の袴がかかっていた。童子が観音の化身であったことを知った一同は、剃髪(ていはつ)して仏に仕えたという話。平安末期から鎌倉初期(13世紀)の作で、筆者は不明。同一図様の反復使用が多く、画風は先行作品に倣ったか古様な趣(おもむき)が強い。国宝。粉河寺蔵。現状は火災のため画面の上下に焼痕(しょうこん)が残る。[村重 寧]
『梅津次郎編『新修日本絵巻物全集6 粉河寺縁起絵他』(1977・角川書店) ▽小松茂美編『日本絵巻大成5 粉河寺縁起』(1977・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粉河寺縁起の関連キーワード粉河粉河寺千手観音妙厳寺千手陀羅尼七夜待千手法大悲閣大悲呪葛井寺

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

粉河寺縁起の関連情報