精神保健・福祉法(読み)せいしんほけんふくしほう

百科事典マイペディアの解説

精神保健・福祉法【せいしんほけんふくしほう】

1950年に制定された精神衛生法は,1987年に精神保健法に改正され,グループホーム,社会復帰促進センター等が新設されたが,1995年に障害者基本法地域保健法の成立を踏まえて,〈精神保健及び精神障害者福祉に関する法律〉(精神保健・福祉法)を新たに制定した。この法律は精神障害者の自立と社会活動への参加を援助するという理念のもと,従来は分離していた福祉行政と保健行政の統合が狙い。精神障害者保健福祉手帳制度ができ,税や医療費にも配慮され,精神障害者福祉ホームと精神障害者福祉工場も法的に認知された。
→関連項目精神鑑定精神障害

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android