コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

障害者自立支援法 しょうがいしゃじりつしえんほう

大辞林 第三版の解説

しょうがいしゃじりつしえんほう【障害者自立支援法】

障害の種類(身体障害・知的障害・精神障害)にかかわらず、共通した福祉サービスを共通の制度により提供することで、障害者の自立支援を目指す法律。サービスの提供主体は市町村に一元化。二〇〇五年(平成17)制定、〇六年施行。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知恵蔵の解説

障害者自立支援法

障害者基本法の理念に基づき、障害種別ごとに縦割りにされていた障害者福祉制度を全面的に見直し、自立支援の観点から一元的なサービス提供システムを規定した法律。2006年4月から一部施行、同年10月から全面施行。対象者は、身体・知的・精神の各障害者(18歳以上)及び障害児(18歳未満)。給付内容は、ホームヘルプサービスショートステイ、入所施設等の介護給付費及びリハビリテーション、就労移行支援等の訓練等給付費、心身障害の状態軽減を図るための自立支援医療など。国が基本指針を、市町村・都道府県が障害福祉計画を定めることや、市町村・都道府県による地域生活支援事業の実施を規定している。本法の特徴は、(1)サービス提供主体を市町村に一元化し、各障害者福祉サービスを共通した制度で提供、(2)障害者の就労支援の強化、(3)空き教室、空き店舗の転用を含めた地域社会資源活用の規制緩和、(4)「障害程度区分」による、サービスの利用手続きや基準の明確化、(5)サービス利用における利用者1割負担、食費の実費負担、(6)国の財政責任の明確化。介護保険制度と同様に利用者が市町村にサービス利用申請を行い、市町村審査会が障害程度区分を判定、利用サービスや頻度が決定する。施行前から懸念され、施行後も大きな議論となっているのが、サービスの利用者負担(所得に応じ上限あり)と障害程度区分の認定である。サービス利用の上限や、日常的に利用している施設の利用料発生で、通所を控え自宅から出なくなる障害者が続出するなど、本法の趣旨とは逆の社会参加を阻む影響が指摘されている。10月からの施行に当たり、一定の上限額を超える利用料の減免など、利用者負担の軽減策を打ち出す自治体も出ている。 政府は、08年度からの「障害者重点施策実施5カ年計画」の中で障害者に福祉サービス利用料の原則1割負担を求めた同法の抜本的見直しを明記し、厚生労働省の08年度予算案では「障害者自立支援法の抜本的見直しに向けた緊急措置」として予算案が盛り込まれている。

(中谷茂一 聖学院大学助教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

障害者自立支援法

2006年4月に施行。障害者が福祉サービスを受ける際の自己負担について、所得に応じた負担から利用量に応じて負担する仕組みに転換した。障害の重い人ほど負担増となり、生存権侵害にあたるなどとして全国で違憲訴訟が起きた。国は10年1月に「障害者の尊厳を深く傷つけた」と反省を表明、13年8月までに新制度に移行することで原告・弁護団と合意した。

(2011-06-27 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうがいしゃじりつしえん‐ほう〔シヤウガイシヤジリツシヱンハフ〕【障害者自立支援法】

障害の種類(身体障害知的障害発達障害を含む精神障害)により差のあった福祉サービスをまとめて共通の制度にし、障害者・障害児が地域で自立して生活できるよう支援事業を充実するための法律。小泉改革一環として平成17年(2005)成立、平成18年(2006)4月施行。平成25年(2013)4月、障害者総合支援法改題難病患者等も障害福祉サービスの給付対象に含められた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

障害者自立支援法【しょうがいしゃじりつしえんほう】

障害者基本法の基本理念にのっとり,障害の種類によって異なる法律に基づいて提供されてきた福祉サービスを一元化し,自立に向けた支援を提供するための法律。2005年10月に成立,2006年4月施行。福祉サービスの提供主体を市町村とし,障害の種類(身体障害・知的障害・精神障害)にかかわらず,共通の福祉サービスを提供すること,一般就労への移行を目的とする事業の創設などが狙い。ホームヘルプサービス,ショートステイ,入所施設等の介護給付費や,自立訓練,就労移行支援等の訓練等給付費および自立支援医療などの給付内容,相談支援・移動支援など地域生活支援事業,障害福祉計画の作成などについて定める。障害福祉サービスを利用した場合,市町村が費用の9割を支給し,残りは利用者の負担となった(利用者の負担額は所得等に応じ上限を設ける)。所得に応じた応能負担から,サービスの程度に応じた応益負担に変更されたため,障害者の経済実態にそぐわないとの批判がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

障害者自立支援法
しょうがいしゃじりつしえんほう

障害者の自立支援推進を図る法律。平成17年法律第123号。2006年(平成18)4月に施行された。身体障害、知的障害、精神障害の3障害共通の施策を策定するとともに新たな障害者福祉をめざした画期的な法で、就労支援を中核にするものであった。サービスの利用費負担に関し関係各方面から異論が出たことから、それらを是正した形で新たに「障害者総合支援法」が2012年に制定された。[吉川武彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

障害者自立支援法の関連キーワード障害者就労継続支援A型事業所障害者自立支援法をめぐる訴訟就労継続支援A・B型事業所障害児通園事業と親子通園運転免許取得費の助成事業就労継続支援A型事業所障害者新法をめぐる動き重度訪問介護サービス地域活動支援センター国の障害者福祉施策障害程度の区分認定就労継続支援A型身体障害者福祉法発達障害者支援法就労継続支援事業移動支援サービス知的障害者福祉法児童デイサービス就労移行支援事業精神保健福祉法

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

障害者自立支援法の関連情報