糖アルコール

  • sugar alcohol
  • とうアルコール
  • トウアルコール
  • 糖アルコール sugaralcohol

世界大百科事典 第2版の解説

高等植物や海藻地衣類に広く分布する低分子生体物質。糖分子のカルボニル基が還元され,水酸基になることにより得られる鎖式多価アルコールの総称。糖とは異なり,フェーリング液を還元せず,変旋光を示さない。一般に水,アルコールによく溶け,甘味をもつ。水酸基の数によってエリトリット(4価),ペンチット(5価),ヘキシット(6価)等と呼ばれる。グリセリンは3価アルコールであり,脂質リン脂質の成分として生物界に広く存在している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

化学辞典 第2版の解説

グリシトール,アルジトールともいう.単糖類のカルボニル基を還元すると得られる多価アルコール,およびその同族体の総称.一般に,もとの糖の語尾-oseを-itolにかえて命名する.生物界,とくに植物界に遊離状または誘導体の形で広く分布している.一般に水に易溶.甘味がある.旋光性はあっても弱い.フェーリング液を還元せず,変旋光を示さない.穏やかに酸化すれば相当するアルドースケトースアルドン酸の混合物を生じるが,強く酸化すると糖酸を与える.なお,広義には,環式糖アルコール(イノシトールクエルシトールなど)も含める.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

糖アルコールの関連情報