コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糖アルコール

2件 の用語解説(糖アルコールの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

糖アルコール

 糖のアルデヒド基が還元されて生じた多価のアルコールの総称.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうアルコール【糖アルコール sugar‐alcohol】

高等植物や海藻,地衣類に広く分布する低分子生体物質。糖分子のカルボニル基が還元され,水酸基になることにより得られる鎖式多価アルコールの総称。糖とは異なり,フェーリング液を還元せず,変旋光を示さない。一般に水,アルコールによく溶け,甘味をもつ。水酸基の数によってエリトリット(4価),ペンチット(5価),ヘキシット(6価)等と呼ばれるグリセリンは3価アルコールであり,脂質,リン脂質の成分として生物界に広く存在している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

糖アルコールの関連情報