コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音更川 おとふけがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音更川
おとふけがわ

北海道南東部,石狩岳 (1967m) 付近に水源を発し,南流して十勝平野に入り,帯広市街地で十勝川に合流する河川。全長 94km。上流に発電用の人造湖糠平湖 (8.2km2) があり,湖畔に糠平温泉が湧く。これらを含む上流域は森林地帯で大雪山国立公園に属している。中・下流沿いの平野は畑作,酪農が発達。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おとふけがわ【音更川】

北海道中央部十勝支庁北部の川。石狩山地の音更山(1932m)南山腹に発して,南南東に流れ,十勝平野の上士幌町,士幌町,音更町を貫流し,帯広市で十勝川に合流する。幹川流路延長93.5km,全流域面積740km2。十勝川水系に属し,利別川(十勝)に次ぐ長い支流である。上流部には糠平ダム(1955竣工)の人造湖糠平湖があり,発電に利用される。流域の大半は農地で,酪農や小麦,テンサイ,豆類などの大規模な畑作が行われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

音更川
おとふけがわ

北海道の東部を流れる十勝(とかち)川の一支流。延長93.5キロメートル、流域面積740平方キロメートル。石狩山地を水源とし、南流して山地を通過後、十勝総合振興局管内の上士幌(かみしほろ)町清水谷(しみずだに)付近から十勝平野に入り、帯広(おびひろ)付近で本流と合流。1953年(昭和28)北海道第一期総合開発計画に基づき、上流部に糠平(ぬかびら)ダムと発電所(出力4万6000キロワット時)を建設。人造湖を糠平湖とよぶ。[古川史郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

音更川の関連キーワードシーニゲプラッテ石狩川石狩山地石狩岳巻機山石狩岳石狩山地石狩岳音更山巻機山

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone