コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫蘭 シラン

デジタル大辞泉の解説

し‐らん【紫×蘭】

ラン科の多年草。湿ったがけなどに生え、高さ約50センチ。葉は長楕円形で、互生する。初夏、紅紫色の花を開く。塊茎を漢方で白及(びゃっきゅう)といい止血薬にする。観賞用に栽培。朱蘭 夏》「ゆふかぜのしじに―の一トむしろ/万太郎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しらん【紫蘭】

ラン科の多年草。山地に自生し、また観賞用に栽培される。葉はササの葉形で五、六枚互生する。初夏、高さ50センチメートルほどの花茎の上部に紫紅色の花を数個つける。白花の園芸品種もある。塊茎を止血・排膿などの薬とする。紅蘭べにらん。朱蘭。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

紫蘭 (シラン)

学名:Bletilla striata
植物。ラン科の多年草,園芸植物,薬用植物

紫蘭 (シラン)

植物。キク科の多年草,園芸植物,薬用植物。フジバカマの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

紫蘭の関連キーワード七宝(工芸)尚左堂後満津村京村若月保治窪俊満辻占ササ花茎白花山地数個

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紫蘭の関連情報