コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細気管支炎 サイキカンシエン

2件 の用語解説(細気管支炎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さいきかんし‐えん〔サイキクワンシ‐〕【細気管支炎】

気管支肺胞に入る手前の呼吸細気管支に生じる炎症。急性と慢性がある。急性はウイルス性で、生後1か月から2歳までの乳幼児に多い。冬に流行し、感冒に似た症状が数日続いた後、喘鳴が聞かれるようになり、呼吸が困難になる。軽症の場合は1週間ほどで回復する。原因はRSウイルスが大半で、他にアデノウイルス、パラインフルエンザウイルスなどの場合もある。慢性は主に成人が罹患するが、原因ははっきりしない。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

さいきかんしえん【細気管支炎 Bronchiolitis】

[どんな病気か]
 細気管支というのは、気管支より肺胞(はいほう)に近い、多数に枝分かれした細い気道のことです。ここに炎症がおこり、内側の粘膜が腫(は)れて、たんがたまると、息ができなくなります。
 生後6か月くらいの赤ちゃんから2歳までの子どもが、冬から春にかけてよく発病します。パラインフルエンザウイルスなどのウイルスが感染しておこります。
 入院が必要になることが、たいへんに多い病気です。周囲のおとながたばこをよく吸っている家庭に多くみられることがわかっています。
[症状]
 最初は、鼻水や熱が出ますが、数日のうちに呼吸が速くなります。
 とくに重症では、数時間のうちに急にせきこんで、呼吸が苦しくなり、飲んだり食べたりできなくなります。呼吸は浅くなり、呼吸数が、しばしば1分間に60~80にもなります。このような場合は、すぐに救急車を呼んで入院しなければなりません。
 もちろん、軽い場合も多く、少し苦しそうでも、飲んだり食べたりでき、そんなに不機嫌でもなければ、1~3日で自然に治ります。
[治療]
 家庭では、「喉頭(こうとう)・気管(きかん)・気管支炎(きかんしえん)」の治療で説明したのと同じように、吸入する空気の加湿を中心にケアをしますが、入院しなければならない子の割合がたいへん多いのが特徴です。
 病院では酸素吸入をしたり、もっと重症ならば気管にチューブを入れて、人工呼吸器をつける場合もあります。
 細気管支炎には、閉塞性細気管支炎(へいそくせいさいきかんしえん)という病気もあります。この病気は、傷が治るときにできる肉芽組織(にくげそしき)(増殖のさかんな若い結合組織)というものが、細気管支にできすぎて、細気管支がせばまってしまう病気です。
 小児では、はしか(麻疹(ましん))やインフルエンザ、百日ぜきなどが治っていくとき、また化学物質を吸い込んだ後などにおこります。
 もとの病気が治りはじめたのに、呼吸が苦しくなってくるような場合に考えなければならない病気ですが、めったにみられません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

細気管支炎の関連キーワード気管支気管支肺炎肺胞と言うのは気管支拡張副鼻腔気管支症候群気管支の部位と名称気管支狭窄食道気管・気管支瘻気管支炎 (bronchitis)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

細気管支炎の関連情報