コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊い/貴い タットイ

デジタル大辞泉の解説

たっと・い【尊い/貴い】

[形][文]たっと・し[ク]《「たふとし」の音変化。やや古風な語》「とうとい」に同じ。「―・い教え」
「嫂(あによめ)の贈物が…彼には―・かった」〈漱石それから
[派生]たっとさ[名]

とうと・い〔たふとい〕【尊い/貴い】

[形][文]たふと・し[ク]
崇高で近寄りがたい。神聖である。また、高貴である。たっとい。「―・い神仏」
「神(かむ)さびて高く―・き駿河なる富士の高嶺を」〈・三一七〉
きわめて価値が高い。非常に貴重である。たっとい。「―・い命」「―・い犠牲を払う」
高徳である。ありがたい。
「横川になにがし僧都とかいひて、いと―・き人住みけり」〈・手習〉
[派生]とうとがる[動ラ五]とうとげ[形動]とうとさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

尊い/貴いの関連キーワード豊葦原千五百秋之瑞穂之国尊い寺は門から見ゆる吾が仏尊し天の磐樟船女尊男卑出で座し天の鳥船軻遇突智三峰神社天の瓊矛隔夜道心句句廼馳至上者鶺鴒台両足尊尊名崇高大仙上姓金口

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android