コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

希有/稀有 キユウ

デジタル大辞泉の解説

き‐ゆう〔‐イウ〕【希有/×稀有】

[名・形動]けう(希有)

け‐う【希有/×稀有】

[名・形動]
めったにないこと。とても珍しいこと。また、そのさま。まれ。「―な(の)出来事」
不思議なこと。また、そのさま。
「ここに―なは『いるまん』の『しめおん』じゃ」〈芥川・奉教人の死〉
とんでもないこと。けしからぬこと。
「―のわざする男かなと、ののしるときに」〈宇治拾遺・二〉
(「希有の命」の形で)危うく死を免れること。
「平氏の大将維盛、通盛、―の命生きて加賀国へ引き退く」〈平家・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

希有/稀有の関連キーワードロイヤル・チトワン国立公園武士道(新渡戸稲造の著作)土曜の夜と日曜の朝C.S. ハドソントマス ピンチョン希元素・稀元素三内丸山遺跡宇智川磨崖碑ドングリウニ宇内混同秘策徳興里古墳ウォルシュMableスエイドスクラブント多田希有華希有・稀有レアメタル金子みすゞ内田吐夢

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android