総持寺祖院(読み)そうじじそいん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

総持寺祖院
そうじじそいん

石川県輪島(わじま)市門前町門前(もんぜんまちもんぜん)にある曹洞(そうとう)宗の寺。諸嶽(しょがく)山と号する。本尊は釈迦如来(しゃかにょらい)。神奈川県横浜市の鶴見に総持寺が移転する前の曹洞宗大本山。総持寺はもと諸嶽寺観音(かんのん)堂という真言(しんごん)寺院であったが、1321年(元亨1)4月、住持の定賢(じょうけん)が瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)に帰依(きえ)してこの寺を譲ったと伝えられる。第2世峨山韶碩(がさんじょうせき)は42年の間住持して寺門の興隆に努め、以来、越前(えちぜん)(福井県)永平寺と競い合いながら発展した。しかし1898年(明治31)4月13日、火災により伽藍(がらん)を焼失。それを機会に1907年(明治40)、鶴見に大本山を移し、その跡に新たに伽藍を建立して別院と称したが、のち祖院と称するようになった。寺内は広く、山門、経蔵、仏殿、法堂(はっとう)、僧堂、慈雲閣などが建ち並び、往時のおもかげを伝えている。うち経蔵は加賀前田家より寄進されたものといわれ、県指定の文化財。寺宝に狩野元信(かのうもとのぶ)筆と伝えられる花鳥図二幅、頻婆羅(びんびばら)王・韋提希夫人(いだいけぶにん)像二幅、十六羅漢図16幅などがある。[菅沼 晃]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

総持寺祖院

石川県輪島市にある曹洞宗の寺院。山号は諸岳山。行基による開創と伝わる。本尊は釈迦如来明治時代、火災により全山焼失。現在の伽藍は神奈川県鶴見(現・横浜市)に本山・総持寺が移転した跡地に再建されたもので、当初は「総持寺別院」と称した。1969年より現名称。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

総持寺祖院の関連情報