コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緑林 リョクリン

3件 の用語解説(緑林の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りょく‐りん【緑林】

青々とした林。
《前漢の末期、王莽(おうもう)の即位後、王匡(おうきょう)・王鳳(おうほう)らが窮民を集め、湖北省の緑林山にこもって盗賊となり、征討軍に反抗したという、「漢書」王莽伝下にある故事から》盗賊のたてこもる地。また、盗賊。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りょくりん【緑林 lù lín】

中国,王莽(おうもう)の新王朝(8‐23)末の反乱集団。王莽の失政と飢饉で各地に民衆が蜂起,湖北では反徒が緑林山(湖北省当陽県)に集結して大軍勢となった。やがて劉秀らを推戴する南陽(河南省)の豪族集団と合流,緑林の推す劉玄を更始帝に立てて漢王朝復興をめざし,王莽死後の長安を占拠した。だが政治が乱れて部将が離反し,劉秀も河北で光武帝として即位,ついで更始帝は赤眉に敗れて殺された(25)。反徒が緑林山に拠った故事から後世群盗を緑林とよぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りょくりん【緑林】

みどりの色濃い林。
〔漢の王匡・王鳳などが反乱し、湖北省の緑林山にこもり盗賊となったという「後漢書劉玄伝」の記事から〕 盗賊。緑の林。 「山路には山賊有て、旅客-の陰を過ぎ得ず/太平記 39

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

緑林の関連キーワード王莽貨泉漢鏡昆陽の戦い赤眉の乱前漢劉秀往亡日光武帝もうもう

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

緑林の関連情報