コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

締(ま)る/閉(ま)る シマル

デジタル大辞泉の解説

しま・る【締(ま)る/閉(ま)る】

[動ラ五(四)]
固くひねったり、強く引っぱったりして緩みやあきのない状態になる。「帯が―・る」「瓶のふたがきちんと―・らない」
からだつきや顔つきにたるんだところがなくなり引きしまる。「かたく―・った筋肉」「身の―・るような冷気」「―・った口もと」
(「緊まる」とも書く)心や態度にすきがなく、しっかりする。その場の状態・ようすがぴりっとなる。緊張する。「最後まで―・っていこう」「彼がいると座が―・る」「―・らない話」
生活態度がまじめになる。品行がよくなる。「さすがの遊蕩児も―・ってきた」
むだな出費がなくなる。倹約・節約する。「こう物価高では―・らざるをえない」
相場が堅調になる。「相場が―・ってきた」
(閉まる)あいていた戸・門などがぴったりとじられる。「ドアは自動的に―・る」「カーテンが―・る」⇔開(あ)く
(閉まる)その日の営業・業務が終了する。終業する。「店が―・る」「銀行は三時に―・る」⇔開(あ)く

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

締(ま)る/閉(ま)るの関連キーワード証券取引委員会[アメリカ合衆国]バージニア=ケンタッキー決議イス・テムル(玉昔鉄木児)政治的暴力行為防止法案公正雇用実施委員会非米活動委員会カナダ騎馬警察三田村 四郎留め場・留場ジンディーク利息制限法治安警察法秘密警察治安立法碓氷峠遊蕩児追捕使警備船メーロ質屋

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android