締(ま)る/閉(ま)る(読み)シマル

デジタル大辞泉の解説

しま・る【締(ま)る/閉(ま)る】

[動ラ五(四)]
固くひねったり、強く引っぱったりして緩みやあきのない状態になる。「帯が―・る」「瓶のふたがきちんと―・らない」
からだつきや顔つきにたるんだところがなくなり引きしまる。「かたく―・った筋肉」「身の―・るような冷気」「―・った口もと」
(「緊まる」とも書く)心や態度にすきがなく、しっかりする。その場の状態・ようすがぴりっとなる。緊張する。「最後まで―・っていこう」「彼がいると座が―・る」「―・らない話」
生活態度がまじめになる。品行がよくなる。「さすがの遊蕩児も―・ってきた」
むだな出費がなくなる。倹約・節約する。「こう物価高では―・らざるをえない」
相場が堅調になる。「相場が―・ってきた」
(閉まる)あいていた戸・門などがぴったりとじられる。「ドアは自動的に―・る」「カーテンが―・る」⇔開(あ)く
(閉まる)その日の営業・業務が終了する。終業する。「店が―・る」「銀行は三時に―・る」⇔開(あ)く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android