コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

練馬(区) ねりま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

練馬(区)
ねりま

東京都区部の北西端にある区。1947年(昭和22)板橋区から練馬、上練馬、石神井(しゃくじい)、大泉、中新井の旧5町村と上板橋村の一部が分離して一区を形成した。山手(やまのて)台地にあり、富士見池、三宝寺(さんぽうじ)池、石神井池の湧水(ゆうすい)をあわせて流れる石神井川と白子(しらこ)川が台地を刻んでいる。練馬の地名は馬の放牧地と関係し、また古代の乗瀦(のりぬま)駅の名が訛(なま)ったともいわれる。鎌倉時代末期から豊島(としま)氏がこのあたり一帯を支配し、石神井城(現、石神井公園)や練馬城(現、としまえん)を築いた。区の西端の関町は、豊島氏が京から奥州へ通ずる街道の要地に関所を構えた所という。江戸時代に千川(せんかわ)用水を玉川用水から分離してこの地に引いて以来、農業も盛んとなり、練馬ダイコンなど近郊の野菜供給地として知られた。
 1914年(大正3)東武鉄道東上線、翌1915年西武鉄道池袋線が開通、関東大震災と第二次世界大戦を機として都市化が急速に進展、新興の住宅地域として発展を遂げた。農地の宅地への転用が著しいが、23区中、農耕地率はもっとも高く、かつての練馬ダイコンにかわってキャベツ生産が多い。卸し・小売・飲食などの商業とサービス業が主産業だが、繊維製品と出版・印刷の製造業もみられる。
 練馬白山神社の大ケヤキは源義家(よしいえ)の植樹といわれ、三宝寺池沼沢植物群落とともに国指定の天然記念物である。豊島園(現、としまえん)は1926年に一部開園した遊園地で、その後西武鉄道(旧、武蔵野鉄道)が整備を進めた。とくに六つのプールが有名。学園町として開発された大泉学園町の南方、西武池袋線大泉学園駅近くに植物学者牧野富太郎(とみたろう)の記念庭園がある。石神井公園駅の北方から関越自動車道が走り、東京外環自動車道とも結ばれている。区の東北端を国道254号(川越街道)が通り、その西側を東京メトロ有楽町線、さらにその西側を都営地下鉄大江戸線(12号線)が通じる。面積48.16平方キロメートル、人口71万6124(2010)。[沢田 清]
『『練馬区史』(1957・練馬区) ▽『練馬区二十年の歩み』(1969・練馬区) ▽『練馬区の遺跡』全2巻(1983、1997・練馬区教育委員会) ▽『ねりま50年の移り変わり』(1997・練馬区)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

練馬(区)の関連キーワード日本ウェルネススポーツ専門学校東京都練馬区上石神井南町東京都練馬区大泉学園町東京都練馬区西大泉町東京都練馬区下石神井東京都練馬区石神井台東京都練馬区富士見台東京都練馬区上石神井東京都練馬区東大泉東京都練馬区土支田東京都練馬区光が丘東京都練馬区西大泉東京都練馬区豊玉南東京都練馬区高野台東京都練馬区南大泉東京都練馬区豊玉北東京都練馬区中村南東京都練馬区三原台東京都練馬区氷川台東京都練馬区平和台

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

練馬(区)の関連情報