コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繻子の靴 しゅすのくつLe Soulier de Satin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

繻子の靴
しゅすのくつ
Le Soulier de Satin

フランスの詩人ポール・クローデル詩劇。 1929年刊。 43年にパリ,コメディ・フランセーズ初演。演出 J.-L.バロー,装置 L.クートー,音楽 A.オネゲル。 16世紀末黄金時代のスペイン,「征服者」として新大陸に向うドン・ロドリーグと大判事の妻ドンナ・プルエーズとの恋を中心に,舞台はアフリカ,アメリカ大陸に及び,登場人物も聖者から自然物まで含み,音楽,舞踊,映画などを利用したいわゆる全体演劇で,カトリック精神の世界への伝道賛歌となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅすのくつ【繻子の靴】

《原題、〈フランス〉Le Soulier de satinクローデルによる詩劇。著者が駐日大使として日本に滞在していた時期に書かれた作品。1924年完成、1929年刊行。副題「あるいは最悪必ずしも定かならず4日間のスペイン芝居」の通り、4部構成の全体劇で、通しで上演すると10時間以上かかる大作。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

繻子の靴
しゅすのくつ
Le Soulier de Satin

フランスの詩人、劇作家クローデルの詩劇。四幕構成の全体劇で、日本大使として在任中(1921~25)に書かれ、1929年に出版されたが上演はされず、縮約版がナチス・ドイツ占領下の43年11月、ジャン・ルイ・バロー演出によりコメディ・フランセーズで初演された。
 16世紀末ごろ、スペインの若い武将ドン・ロドリゴと大判事の妻ドナ・プルエーズとのかなわぬ恋が、貞潔心の象徴である繻子の靴の片方を聖母に捧(ささ)げたプルエーズに導かれて、ロドリゴが神に献身することで彼岸(ひがん)的に結ばれる、すなわち永生を得る話を主軸に、スペインをはじめアフリカ、アメリカ、東洋と全世界にわたる、それぞれ時を隔てた4日のできごととして壮麗に繰り広げられている。自然的世界と超自然的世界とが一つに融合、止揚された魂の一大叙事詩といってよく、クローデルの集大成的な代表的傑作との評判が高い。ここには確かに能の影響が認められる。[渡辺 淳]
『中村真一郎訳「繻子の靴」(『世界文学全集25 世界現代戯曲集』所収・1956・河出書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

繻子の靴の関連キーワードマノエル・デ オリヴェイラクローデル ポールM. ルノーオリベイラ宗教劇ルノー繻子

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android