コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羅臼温泉 らうすおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羅臼温泉
らうすおんせん

北海道東部,知床半島南部の羅臼町にある温泉。町の中心から少し離れた羅臼岳南麓に湧く。泉質食塩泉泉温は 70~90℃で,リウマチ慢性中毒皮膚病などにきく。数軒の旅館が引き湯しているほか,原生林に包まれた野趣豊かな露天風呂もあって名物になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羅臼温泉
らうすおんせん

北海道東部、羅臼町にある温泉。羅臼岳の東南麓(ろく)、羅臼川左岸にある。泉質は塩化物泉。道指定天然記念物の間欠泉がある。羅臼岳登山の基地にあたる。JR釧路駅からバス(終点羅臼駅から徒歩20分)、夏期にはJR知床斜里駅からのバスの便がある。[進藤賢一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android