コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美並 みなみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美並
みなみ

岐阜県中部,長良川沿岸にある地区。旧村名。 1954年嵩田村と下川村が合体して成立。 2004年3月八幡町はじめ3町3村と合併し,郡上市となった。大部分山林で,農林業が主。西部にウナギ生息地 (天然記念物) として名高い粥川がある。熊野神社の「神ノ御杖スギ」は天然記念物。長良川鉄道,国道 156号線が通り,東海北陸自動車道インターチェンジがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

美並

岐阜県郡上市にある道の駅。国道156号に沿う。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

美並
みなみ

岐阜県中西部、郡上(ぐじょう)郡最南端にあった旧村名(美並村(むら))。現在は郡上市の南部を占める一地区。1954年(昭和29)下川(しもかわ)、嵩田(たけだ)2村が合併して成立、美並村となる。2004年(平成16)八幡(はちまん)、大和(やまと)、白鳥(しろとり)の3町、高鷲(たかす)、明宝(めいほう)、和良(わら)の3村と合併、市制施行して郡上市となる。旧美並村のおもな耕地や集落は、長良(ながら)川沿いの段丘上にある。国道156号および長良川鉄道のほか、東海北陸自動車道が通じ、美並インターチェンジがある。岐阜・関市などへの通勤圏内にある。工業では輸送用機器の生産や関刃物の下請の研磨が行われる。夏から初秋にはアユ漁が有名。また、粥(かゆ)川のウナギ生息地、熊野神社の神ノ御杖(おつえ)スギは国指定の天然記念物である。[上島正徳]
『『美並村史 通史編 上下』『美並村史 史料編』(1981、1984、1987・美並村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

美並の関連キーワード岐阜県郡上市美並町高砂岐阜県郡上市美並町上田霞ヶ浦(旧町名)出島(茨城県)八幡(岐阜県)白鳥(岐阜県)大和(岐阜県)岐阜県郡上市美並[村]郡上(市)人口の重心郡上[市]子宝の湯今宮 新出島

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美並の関連情報