コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美並 みなみ

3件 の用語解説(美並の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美並
みなみ

岐阜県中部,長良川沿岸にある地区。旧村名。 1954年嵩田村と下川村が合体して成立。 2004年3月八幡町はじめ3町3村と合併し,郡上市となった。大部分は山林で,農林業が主。西部にウナギ生息地 (天然記念物) として名高い粥川がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

美並

岐阜県郡上市にある道の駅。国道156号に沿う。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

美並
みなみ

岐阜県中西部、郡上(ぐじょう)郡最南端にあった旧村名(美並村(むら))。現在は郡上市の南部を占める一地区。1954年(昭和29)下川(しもかわ)、嵩田(たけだ)2村が合併して成立、美並村となる。2004年(平成16)八幡(はちまん)、大和(やまと)、白鳥(しろとり)の3町、高鷲(たかす)、明宝(めいほう)、和良(わら)の3村と合併、市制施行して郡上市となる。旧美並村のおもな耕地や集落は、長良(ながら)川沿いの段丘上にある。国道156号および長良川鉄道のほか、東海北陸自動車道が通じ、美並インターチェンジがある。岐阜・関市などへの通勤圏内にある。工業では輸送用機器の生産や関刃物の下請の研磨が行われる。夏から初秋にはアユ漁が有名。また、粥(かゆ)川のウナギ生息地、熊野神社の神ノ御杖(おつえ)スギは国指定の天然記念物である。[上島正徳]
『『美並村史 通史編 上下』『美並村史 史料編』(1981、1984、1987・美並村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

美並の関連キーワード赤城美濃奥長良川の秘水岐阜市長良川鵜飼伝承館岐阜県岐阜市長良岐阜県岐阜市長良井田岐阜県岐阜市長良丘岐阜県岐阜市長良雄総岐阜県岐阜市長良東岐阜県岐阜市長良福光

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

美並の関連情報